BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

アート・デザイン

レインボーカラーで構成された数字の森

インタラクティブなレインボーインストレーションにより、訪問者は数字の森を探索することができます。

東京国立美術館10周年を記念して、フランスの建築家、デザイナーEmmanuelle Moureauxは、2000平方メートルの展示スペースを特別な光景に変えるよう依頼されました。

明るい色の紙を数字にカットして作ったこのアーティストは、想像力豊かでインタラクティブな紙アートインスタレーション「フォレストオブナンバーズ」を制作しました。

万華鏡の展示には6万点の紙ピースが必要でした。 それぞれの作品は0から9までの数字を表しており、4つのグループで天井から吊り下げられています。

その結果、10の浮遊した層が実現しました。 驚くほど象徴的な各層は、2017年から2026年にかけての未来の10年を視覚化して、大きな展示スペース全体の静寂感を生み出しています。

3次元作品が設置されると訪れた人々は、 ウォークスルーの空間を彷徨い時間を消費してしまいます。

フォレストオブナンバーズは、100色のパレットを中心とする大規模な展覧会の多色コレクションであるMoureauxの100色シリーズの第18回目です。 このシリーズの他の作品には、カラーミキシング、I Am Here、Bunshiなどがあります。

引用元:mymodernmet.com

Emmanuelle MoureauxのNumbers Forestの設置は、マルチ感覚のアート体験です。

-アート・デザイン