BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

ハウス・インテリア

世界中にあるクールな書店を訪問する

2017/01/28

多くのことが、それぞれの都市によって異なるかもしれませんが、確かに言える1つのことは、書店は常に知識と娯楽の宝庫になることです。

読書資料を購入する場所としても、心地よく、落ち着いていて優しく、コーヒーが飲めてリラックスできる空間としても、書店は現代生活に不可欠な要素になっています。

有能な建築家がこれら本の聖域の可能性に細心の注意を払ったのは当然のことです。

最高の書店のいくつかは、足を踏み入れた途端に感激するほどのユニークな体験を提供してくれます。

書店と言ってもそのスタイルと歴史は大きく異なります。 いくつかの店は、壮大な古い劇場や13世紀のゴシック様式の教会のような改装された空間で本を自由に選ぶ事ができます。

他の店舗のデザインは完全に現代的で、未来的な建築、明るいカラーパレット、クリエイティブなビルトインのラウンジが特徴です。 それでも、古典的で居心地の良い本屋の美しさに独創的なひねりを加えている人もいます。

機会があれば世界で最もクールで最も愛されている書店のいくつかを実際に下の写真ように訪問してみてください。

引用元:mymodernmet.com


ポルトガルのLivraria Lello

Photo credit: Ullises

Photo credit: Vortex Mag


中国浙江省杭州の杭州中華書店

引用元:mymodernmet.com

Photo credit: Shao Feng

新世界を発見するための書棚が数多くある書店は、数時間のうちに何時間も迷子になる素晴らしい場所です。

中国の杭州に新しくオープンした店は、この目的のために設計された迷路のインテリアを備えています。 XL-MUSE社が制作した書店は、インテリア空間を無制限の本の列に幻想を投げ込む戦略的に配置されたミラーのおかげで、無限のカタコンベのように見えます。

独特の書店は、銭塘江に近い濱江区のスター・アベニューの商業センターのメイン広場に位置しています。 ストア内のスペースは、それぞれが表示されている何千ものページの中に失われるように訪問者を招待する特有のセクションに分割されています。 このセクションには、リラックスできるベンチのある静かな読書室、白い柱と反射鏡の茂み、列車、メリーゴーランド、観覧車などの気まぐれな子供用エリアがあります。

信じられないほど創造的なスペースは、新しいお気に入りの物語をブラウズしたり、想像力豊かな雰囲気を楽しむだけの時間を過ごすのに最適な場所です。


中国の“キッズ・リパブリック・オブ・北京“

引用元:mymodernmet.com

Photo credit: Sako

私が子供のころこんなところがあったでしょうか? 北京のキッズレプビルは、美しい経験を生み出すために慎重に建設された明るくカラフルな書店です。 100メートルの長さの12個のリボンが店を流れ、旋回しながら子供たちを美しい空間のポケットに導きます。

それは、家族が楽しむことを目的とした書店です。子供のための読書スペースとしての本棚にデザインされたさまざまなサイズの穴があります。 本質的に、子供たちは空間そのものの一部になります。


古い教会は現代の書店に改装された - オランダのマーストリヒトにある“Selexyz Dominicanen” -

引用元:mymodernmet.com

Photo credit: Merkx + Girod

過去にいくつかのすばらしい図書館がありましたが、この本屋は革新的なデザインに関して例外ではありません。

オランダのマーストリヒトにある13世紀のドミニカ教会のすぐそばに、オランダの書店チェーンSelexyzがあります。

建築会社Merkx Girodによって設計されたSelexyz Dominicanen Maastrichtと呼ばれるプロジェクトは、反対の美学の間に素晴らしい組み合わせを示しています。

このスペースは、現代の書店の現代的な様式を招きながら、教会の建築構造と決定的なデザイン属性を維持しています。

1294年に建てられたこの大聖堂は、3階建ての本棚を備えた大きなオープンスペースを備えています。

教会には1,200平方メートルのショッピングスペースがあり、750平方メートルの床面積しかなく、建築家は垂直にデザインすることに決めました。

彼らは、古代の会場の宗教的なモチーフや構造を妨げることなく、店の現代的な計画を取り入れています。

スペース内にはカフェもあります。 書店の過去の生活にうなずいて食事のできる場所には十字架のような長いテーブルがあり、これは以前は合唱団がいた場所に便利に配置されています。


フランス、パリにある“シェイクスピア&カンパニー”

Photo credit: Books Combined


コロンビア書店のデザインの変化“9 3/4の本屋とカフェ”

引用元:mymodernmet.com

Photo credit: Plasma Nodo

訪問者がコロンビアに拠点を置く9書店とカフェを訪れると、探検にふさわしい数々の環境を訪れることができます。

城の図書館を真似て天井に触れるような本棚があり、1階には自然の中にいるように緑の葉で覆われた壁があります。

この魅惑的な書店の背後にあるデザイン会社、Plasma Nodoのコンセプトは社会性を重視しているので、他の人と遊んだり、読んだり、会話したりできる快適な椅子や六角形の隅がたくさんあります。

基本的には、この本屋は子供や大人にもぴったりで、我々が訪問に慣れている世俗的な書店に代わるものを探している人に最適です。

この印象的な施設を旅するとき、特に上層階を無視することは不可能です。 上に伸びる本棚のためのスペースを確保するために、このレベルは浮遊メザニンのように設計されていました。

登山のように上階に向かう人には、お店のお菓子とカフェから出てくる美味しそうな香りで報われます。 このユニークな場所で毎日どのようにくつろいで過ごすことができるかを想像するのは簡単です。


イタリア、ヴェネツィアの“Libreria Acqua Alta”

引用元:mymodernmet.com

Photo credit: Venezia

ヴェネツィアの海洋図書館は最もユニークな文学的スポットの一つです。

ヴェネツィアのリブレリア・アクア・アルタは、あなたの内部のブックワームを生き生きとさせる世界で最もユニークな書店の一つです。

あなたがドアを開けて部屋中を歩いていると、天井に積み重ねられた本の束が見えます。 この豊富な小説を収蔵するために、珍しい本棚の役割を果たすゴンドラ、カヌー、タンクがあります。

本自体は実際には家具として使われています。 古い百科事典で構成された階段を見つけることさえでき、近くの運河の豪華な眺めにつながります。

オーナーのLuigi Frizzo氏がこの折衷的な店を10年前にオープンして以来、ヴェネツィアで最も興味深い驚異の一つとなっています。

その本で覆われた壁の中で、あなたは何時間もさまようことができ、またはこの場所を家と呼べるほど幸運な4匹の猫たちとハグすることができます。


“El Ateneo Grand Splendid”ブエノスアイレスの写真

引用元:mymodernmet.com

Photo credit: Jorge Láscar

ブエノスアイレスの100歳の劇場が賑やかな書店に変身!

すべての本愛好家に注目! アルゼンチンのブエノスアイレスを次の旅行先にしましょう。

この都市には約734の書店があり、世界の書店の首都となっているだけでなく、バリオ・ノルテのサンタフェ・アベニューを巡る元祖の宮殿入りの書店であるエル・アテネオ・グランド・スプレンディドの本拠地です。

2008年に世界で2番目に美しい書店であるガーディアンにちなんで名付けられたEl Ateneoもまた最大のものです。

訪問者は時間を忘れて棚を回覧することが予想されます。 あらゆる場所に歴史とノスタルジアが潜んでいます。


日本の京都にある本とベッドの店“Book and bed kyoto”

引用元:mymodernmet.com

Photo credit: Book and Bed Kyoto

京都の新しい書店での快適な本棚の中での睡眠 - テーマホステル。

Book and Bed Tokyoは自己紹介の宿泊施設の本屋です。 コーナーを巡る居心地の良い店のように設計された文学的宿泊施設は、2015年に壮大なデビューを飾り、旅行ブックワームの間で即時にヒットすることが判明しました。

その読書素材の折衷的なコレクションが大きな特徴ですが、それにもまして本当に宿泊予約をもたらす寝室があるなんて驚きです。

ホステルの壁から壁までの本棚の間に挟まるようにシングルベッドがあり、もちろん読書灯が付いています。

実験的な宿泊スペースは、東京での成功を受けて京都で2番目の店舗をオープンしています。

東京都内には12ベッドが設置されていますが、新しいサイトは20です。スタンダードモデルは220cm×110cm(標準ツインベッドより少し大きいサイズ)ですが、やや小さく「コンパクト」ベッドは220cm×90cm 。

居心地の良いベビーベッドは、1泊あたり50ドル以下の費用がかかり、ベッドの下にある収納スペース、ランプ、コンセント、プライベートカーテンがあります。

ユニークな寝室に加えて、スティッキーバー、無料Wi-Fi、快適な共同生活空間、スタイリッシュな寝間着、そして明らかにたくさんの本があります。

ホステルでは販売していませんが、滞在中は無料で日本語と英語の読書資料を提供しています。

書籍とベッドの京都の場所は2016年12月2日にオープンします。スポットは充実していますので、オンライン予約をしてください!


メキシコの“CafebreríaElPéndulo”

Photo credit: Sequel Magazine


ブリュッセル、ベルギーの料理と本

Photo credit: Cook and Book


カリフォルニア州ロサンゼルスの最後の書店

Photo credit: The Last Bookstore


ニューヨークのRizzoli書店

Photo credit: Rizzoli Bookstore


イタリア、ヴェネツィアのバウアーホテルでアソライン

Photo credit: Rizzoli Bookstore Press Office


フランス、リヨンの“Le Bal des Ardents”

Photo credit: Le Bal des Ardents


マサチューセッツ州ボストンの“Brattle Bookshop”

Photo credit: Brattle Bookshop


イギリス、ロンドンのMarylebone High StreetにあるDaunt Books

Photo credit: Daunt Books

Photo credit: Her Favourite Food

-ハウス・インテリア