BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

タイムスリップ

アマゾンのずっと前に、移動図書館がありました。

Amazon、Audible、その他の電子書籍販売代理店よりもずっとずっと前に、ブックモビール(移動図書館)は文献を人々の目の前に提供していました。

彼らの使命は、図書館のない遠隔の村や都市の郊外に本を提供することでした。 これらの忘れられた過去の移動図書館を覚えておきましょう。

最初の書店は1850年代後半にイギリスのウォリントンに登場したと考えられています。 それは馬車で、サービスの初年度に約12,000冊を貸し出しました。

その後、モバイルライブラリは車内に設置されるようになり、20世紀半ばにはアメリカの生活の一部になるほど高い人気でした。

ブックモビールは図書館、学校、活動家、その他の団体によって世界の一部の地域で運営されていますが、高コスト、高度な技術、非実用性のために時代遅れのサービスと広く考えられています。

引用元:boredpanda.com

1925年代の開放式扉を持つ移動図書館


 

図書館のブックモビールズ、1948年。


 

イラン、クルディスタンのモバイルライブラリ1970年


 

ブックモバイル


 

1927年シンシナティ公立内での最初の移動図書館


 

1960年代の移動図書館の内部の様子。


 

コモールパーク内でのブックモビール、1940年


 

20 世紀初頭、インドネシアの移動図書館


 

マルチノマ郡の移動図書館、1926年


 

アイオワ州の移動図書館を予約する人々、1927年


 

コンプトン道路沿いの図書館のブックモール、1933年


 

グリーンズボロ、ノースカロライナ、1936年


 

オランダのブックモビールのための辛抱強い待ち行列。


 

Craig Medvigny(左)とDavid Suttonが本を楽しんでいます。1920年代


 

1970年頃のユタ州の道路を走る移動図書館


 

-タイムスリップ