BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

フード・ドリンク

イタリア初出店のスタバ、外装も凄いが内部はもっと驚異的!

9月6日、スターバックスはイタリアで最初の場所をオープンしました。 スターバックス・リザーブ・ロスタリーと呼ばれ、ミラノのコルドゥイオ広場にある歴史的なポストの建物の中にあります。 このカフェは、スターバックスの元CEOであるハワード・シュルツ(Howard Schultz)が35年前にスターバックスの元となるアイデアを得たイタリアのエスプレッソ文化を称えるものです。

3番目のスターバックス・リザーブ・ロースターは世界で2,300平方メートルの巨大な場所に、世界中から供給される小ロットのアラビカ・コーヒー、地元のパン屋であるロッコ・プレンチによる焼きたてのパン、 コーヒー焙煎、醸造、ミックスロジーをまるで劇場のよに紹介しています。 新たにオープンしたカフェの中にあるもう一つのユニークなものは、「ダンシングレディ」と呼ばれるものです。これは定期的にパネルが開かれて内部の様子が見れますが、コーヒー豆の焙煎の脱気段階のデモンストレーションを顧客に見せるための仕掛けです。

ここのインテリアもユニークです。インテリアは色彩豊かで、白い大理石のカウンタートップ、モザイクの大理石の床、真鍮で刻まれたスターバックスの床から天井までのストーリーが特徴です。 外には、彫刻家ジョヴァンニ・バルデリ(Giovanni Balderi)によるサイレンの手作りの大理石の彫像と巨大な青銅の鳥籠を備えた美しいテラスがあります。

スターバックスの広報は、この新しい場所がイタリア内で約300人の雇用を創出したと言っています。もしあなたがイタリア人だとして、この場所で働けていたならば、とても運が良かったでしょう。 下のギャラリーでイタリア初のスターバックスの写真をチェックしてみましょう!

出典元:demilked.com

9月6日、スターバックスはイタリアで最初の店舗を開店しました。

スターバックス・リザーブ・ロスタリーと呼ばれ、ミラノのコルドゥイオ広場にある歴史的なポストの建物の中にあります。

これは世界で3番目のスターバックスリザーブ式ローラーであり、巨大な場所は世界中から調達された小ロットのアラビカコーヒーを提供する場所となります。

インテリアは白い大理石のカウンタートップとモザイクの床を特徴としています。

そして明るい色がいっぱいです。

地元のパン屋Rocco Princiで焼きたてのパンを買うことさえできます!

内部にあるもう一つのユニークなものは、22フィートの青銅の焙煎キャスクである「Dancing Lady」です。定期的にパネルが開き、コーヒー豆の焙煎の脱気段階を見ることができます。

外には、彫刻家ジョヴァンニ・バルデリ(Giovanni Balderi)によるサイレンの手作りの大理石の彫像と巨大な青銅の鳥のケージを備えた美しいテラスがあります。クラッシックな外観の入口から店内に足を踏み入れると、そこには近代的で驚異的な景色が広がります。

スターバックスは、新しい場所がイタリアで約300人の雇用を創出したと言います。こんな素敵な場所で働く事ができたなら、きっと一生懸命に働くでしょうね。

-フード・ドリンク
-