BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

有名人・アーティスト

知られざるマリリン・モンローのエピソード

2017/01/31

引用元:acidcow.com

子供の頃、ノーマ・ジェーン・ベイカー(マリリン・モンロー)は精神病を患う母親のグラディスが施設に入った後、孤児院と11組の里親の元を転々として過ごしていました。

彼女は、マリリン・モンローという名に変える前、ジーン・アデアのスクリーン名をほとんど選びました。

報告によると、彼女の代理人、ジョニーハイドは、彼女の鼻の先端と顎のインプラントに軟骨を再形成する2つのプラスチック製の手術があるとカミングアウトしています。

彼女はダンブロンド(女性が嫌いな人物)としてタイプキャストされましたが、彼女は実際には非常に知的でした。 彼女のIQスコアは168でした。

彼女は有名な「ダイヤモンドは女の子のベストフレンド」を歌っていましたが、現実的にマリリンは高価なジュエリーを所有していませんでした。 彼女が所有していたすべてのジュエリーは衣装であり、彼女の第2の夫となったジョー・ディマッジョが彼女に与えたダイヤモンド・リングと真珠の束を大切にしていました。

彼女は自身の制作会社、マリリン・モンロー・プロダクションを所有する最初の女性の一人でした。 同社は映画「The Prince and the Showgirl / 王子と踊子 」(1957年)を1枚しかリリースしなかった。

彼女は素晴らしい料理家でした!

マリリンは、当時人気のあったハリウッドのナイトクラブ“モカンボ”のオーナーに個人的に電話し、エラ ・ フィッツジェラルドのキャリアのコースを変えるを助けをしょうとしました。 しかし当初クラブは黒人のエルラとの契約をしませんでした。

劇作家アーサー・ミラーと結婚した後、マリリンはユダヤ教に改宗した。

ミラーとの結婚の間、マリリンは子供を育てようとしました(彼女は必死に母になりたがっていました)。 残念ながら、彼女は子宮外妊娠と流産の両方に苦しんでいました。

ミラーは彼女にバレンタインデーのプレゼントとしてミスフィットで彼女の役割を書いた。 彼女はその役割を嫌っていましたが、多くの批評家はそれを彼女のキャリアの最高のパフォーマンスと考えています。

彼女がミラーと離婚した後、フランク・シナトラはマリリンに元気を出させるためにマルタのテリアを与えました。 彼女はそれをMaf(Mafia Honeyの略)と名づけました。

ミラーの1964年の演劇「秋の後」は、マリリンとの結婚生活を想い描いている内容だと言われています。

彼女の演技能力に対する幅広い評価にもかかわらず、彼女は決してアカデミー賞にノミネートされなかった。 しかし、ビリー・ワイルダーが監督した映画「彼女はお熱いのがお好き」のシュガ―役で見事ゴールデン・グローブを獲得しました。

マリリンは、自分が先に死んだら毎週花を墓に添えて欲しいとジョー・ディマジオに約束させていました。彼は約束を守って週に3回、12本の赤いバラを20年の間、彼女の眠る地下の礼拝堂に届けました。

彼女は、お気に入りだった淡い青リンゴ色のプッチ シース ドレスを着て埋葬されました。

彼女の名声の高さで彼女は自分の自伝「My Story」(彼女の友人の脚本家Ben Hechtの助けを借りて)を書いた。 この本は死後10年まで公開されていない。

-有名人・アーティスト