BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

ハウス・インテリア

マーク・トウェインの書斎が貸し出される

Photo via Mark Twain House & Museum

引用元:mymodernmet.com

文学を愛する作家のマーク ・ トウェインの博物館の中で執筆作業ができるという貴重な体験をご紹介します。

知的なインスピレーションを求めるために新進作家は、世界で最も有名な作家の作品によく目を向けます。

最も愛された本をめくっていくのが良いスタートですが、“Mark Twain House&Museum”を自分の仕事場として共有してみませんか?

最近、運営側はマークトウェインの博物館の中にある図書館を一般に公開する計画を発表し、文学を愛する作家を文字通りトウェインの足跡に従うよう招いています。

トウェインがハートフォードに建てたこの豪華な家は、美しく歴史的に貴重な建物であり、彼がトム・ソーヤの冒険とハックルベリー・フインの冒険を書いた机が本棚の間にあります。

これらは今日でも広く読まれている象徴的なアメリカの古典です。

そのような聖地に足を踏み入れることは疑問に思われるかもしれませんが、運営側は訪問者が図書館内を歩くだけでなく、その中で働くことを許可しました。

あなたが想像するように、そのような有名な場所での執筆机は非常に数が限られています。

2017年には、4つのセッションだけが解放されます。 それぞれの料金は3時間で50ドルです。 作家は鉛筆やデバイスを使って作業する必要がありますが、Wi-Fiはありません。

ガジェットや何とかいうあの機械を充電するためのコンセントは、19世紀の閲覧室には始めからありませんから。

しかし、伝説の図書館の使用権を確保するのに十分な良い運を持っていれば、博物館は気が散る事がないとても静かな環境を約束します。

「家の温室にある泉の美しい音に触発されていることを感じてください。 あなたが次に書く言葉を熟考しながら、トウェインの本棚に目を向けてください。

あなたは私たちの独自のSam Clemensの歴史的図書館で3時間静かに過ごすでしょう。そして、あなたは自分の傑作を書き始めるでしょう。」

残念なことに、このスポットは現在売り切れですが、一生に一度の機会を得るために博物館のウェブサイトに注目してください。

Photo via Mark Twain House & Museum

引用元:marktwainhouse.org

サミュエル(マークトウェインの本名)とオリビア“リビー”クレメンスは1870年2月にエルマイラで結婚し、1871年にコネチカット州のハートフォードに移住した。

家族はリビーの友人であるジョンとイザベラ ・ ビーチャー フッカーからNook Farm地区のForest Streetに家を借り、その後ファーミントンアベニューに土地を購入した後。

1873年に彼らはニューヨークの建築家エドワード・タッカーマン・ポッターと契約し、彼らの家のデザインに着手しました。

リヴィは自宅のデザインについて強い意見を持っていました。 彼女はスケッチを描き、自分のアイデアについて信頼できる友人の助言を求めました。

サムとリヴィが海外にいた1873年8月に建設が始まり、1874年9月19日に家族がその家に引っ越しました。

建設の遅れと夢の家を建てるための増え続けるコストはサミュエルを挫折させました。 それにもかかわらず、彼は完成した家に魅了され、「これこそ家であり、彼の言葉はあまり意味がなかった」と語った。

マークトウェインと彼の家族は、「ハートフォードの家で自分達の人生の中で最も幸せで最も生産的な年と呼べるものを楽しんだ。」 と後に彼が書いています。

金融問題(過度な浪費や投資の失敗)によりサミュエルとリビーは1891年に住居を手放しヨーロッパへと移した。

彼はハートフォードの家に比べて、新しく移り住んだ家について不平を述べたが、家族は再びハートフォードに戻ることはありませんでした。

-ハウス・インテリア