BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

何だコレ・不思議

16世紀に木で作られた驚愕のマイクロ彫刻!

信じられないほど珍しい16世紀の箱入りの彫刻はとても微細で、これらの謎を明らかにするためにX線を使われなければならなかった。

これらの木製のミニチュアは遠くから冷たく見えるかもしれませんが、私を信じて、あなたが近づくほど、これらの16世紀の回りの木彫りの物語がより驚くほどになります。

これらの小さな彫刻の内の135個だけが存在することが知られており、それらのすべてはフランダースまたはオランダの1500年から1530年の間の非常に短い期間に作成されいます。

当時のヨーロッパの新興商人の社会階級で説明すると、このような絶妙な宗教的品目を買う余裕がありました。

しかしすぐに宗教改革が行われ、高価な教会関連の人工物は流行しなくなりました。その間に木材の芸術家たちは今まで最も驚異的なミニチュアのいくつかを作り出しました。

最近のマイクロCTスキャンと高度な3D解析ソフトウェアは、これらの小さな祭壇の詳細を明らかにするのに役立ちました。

内側の層は一緒に繋ぎ合わされ、顕微鏡やX線だけでそれらを検出することができます。

ピースには、草の種よりも細いピンも組み込まれています。 しかし、金やその他の装飾材料の痕跡が邪魔してX線でも全ては写らない為、製造プロセスの多くは未知のままです。

引用元:demilked.com

研究者たちは、これらの500年前の小さな箱に収められた彫刻を実験室に持ってきて、様々な手法でこれらの装飾品を解析しました。

彼らは、これらのミニチュアがフランダースまたはオランダで1500年から1530年に作られたと考えています。

Photography by Ian Lefebvre

人間の目では、この極小の彫刻を細かく分析することはできません。そこで、研究者はマイクロCTスキャンと高度な3D解析ソフトウェアを使って解析しました。

手のひらのサイズ以下の彫刻、16世紀初頭から宗教的な象徴を特徴とするこれらの小型の箱入りの彫刻は、長い間、この分野の研究者にとって謎でした。

フランダースやオランダのどこかで、1500年から1530年までの30年間の窓の間に作品全体が作られたと考えられます。

Photo by Ian Lefebvre

小さな祭壇、薔薇、祈りのビーズはそれぞれ、葉っぱの木片より作られ、その塊を一緒に保持する草の種よりも小さいピンが組み込まれています。

マイクロCTスキャニングと高度3D解析ソフトウェアを使用して、Small Wonders:Gothic Boxwood Miniaturesのキュレーターとコンサベーターは、メトロポリタン美術館と国立美術館との共同で、オンタリオ州アートギャラリー(AGO)での展示会で材料と新しい洞察を得ました。

Photo by Craig Boyko

Small Wonders:Gothic Boxwood Miniaturesは、AGOのコレクションと他の博物館やプライベートコレクションからの50の他の借用作品(北米では見たことがない珍しい彫刻など)を展示します。

1つの作品、11ビーズのチャッツワース・ロザリオ(1509〜1526年)は、ヘンリー8世の王とアラゴンの妻キャサリンが所有していました。 2017年2月21日のMet Cloistersで1月22日まで、または2017年6月15日にRijksmuseumで最後の展覧会が終わるまで、AGOで全面的に展覧会を見学できます。

AGOのウェブサイトのコレクション全体から詳細な画像を見るだけでなく、下のビデオで囲碁のミニチュアの背後にある謎を発見する旅に従うこともできます。 (歴史ブログを介して)

-何だコレ・不思議