BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

ハウス・インテリア

都会から離れ自然に向かう人のためのバッテリー充電ステーション

2017/05/29

都会の混沌とした日常生活が時にはあまりにも長過ぎるように感じることはありますか?

デンマークの小売業者Vippがその問いに応えます。
彼らは「人間のためのバッテリー充電ステーション」として、これらの金属とガラスのマイクロキャビンを工場で製造し始めました。

デザインはミニマリズムを叫ぶ(またはむしろ囁く)。
それは基本的にプラグアンドプレイの長方形の金属とガラスの箱で、重機のパイロットによって地上から持ち上げられたものです。

55平方メートルの内装は2フロアに分かれています。

こ製品のメインレベルでは、キッチン、ダイニングエリア、バスルーム、暖炉のあるデイベッドルームが設置されます。 はしごは、ガラス張りの天井がある狭い寝室に通じています。

床から天井までのガラスは地形を眺めながら、内と外の障壁となります。

コペンハーゲンのちょうど北に予め製作された各スチール製フレームキャビンは、生産に6ヶ月、設置に3〜5日かかると言います。
費用は485,000ユーロ(410,700ポンド)で、輸送費は含まれていません。

引用元:demilked.com

デンマークの小売業者Vippは、同社の家庭用品ラインで満たされた工場製の金属とガラスのマイクロ住居を作り出しました。

シェルターと呼ばれる55平方メートルの構造は、自然の後退と人間のための「バッテリー充電ステーション」の役割を果たすことを目的としていると、ブランドを率いているカスパー・エーグルンドは述べています。

ニューヨークのショールームを持つ同社は、「Vippは都市の混沌から脱出するためのプラグアンドプレイの休暇を作った」と語った。

Vippは75年以上前に、MoMAのコレクションの一部であるペダル制御金属廃棄物の発明を開始した会社です。

「自然は透明な殻の中に遍在していますが、自然の力から避難所を提供する平行なスライディング窓の形の物理的なぼやけがあります」と同社は述べています。

住居には、棚、家具、照明、リネンなどのVipp製品が備わっており、 Vippによる石鹸ディスペンサーやトイレ清掃用ブラシも用意されています。

コンセプトは"都市の混沌を逃れるためのプラグアンドプレイの休暇"

同社は金属とセラミックの家庭用品を幅広く提供しており、Shelterは2015年に初めて発表され、最初のベンチャーとして住宅事業に進出しています。

現在、住宅を生産する他の製品会社には、21,000ポンドで販売する9平方メートルの黒色の木材小屋を発表した日本のブランドMujiが含まれています。

洗練されたお洒落なデザインで仕上げられています。自然の中に突然現れた都会的で無機質なハウスといったところでしょうか?

長い年月を経て自然に戻るような木の小屋と違って、この場所で必要が無くなれば高額な輸送費をかけて撤去するとしたら所有できるのは一般的な収入では無理ですね。

かなり大がかりな重機を運び入れての作業で設置には3〜5日かかりるそうです。

Vippキャビンは、パイロットによって地上から持ち上げられた金属とガラスの長方形の箱で構成されています。 屋根から2つの部屋が突き出ています。そのうちの1つは軽い煙突を含み、もう1つはコンパクトな寝室をしています。

1つのキャビンを生産するには、屋内の組立て工場で約6ヶ月かかります。

キャビンを構想する際に同社の製品設計を導くのと同じ原則が採用されました。

「ペダル・ビン、キッチン、避難所の間には明らかなつながりはないが、避難所に入ると、カテゴリーごとに1つの長持ちの機能的ツールの哲学が、あなたが見るすべてのオブジェクトに埋め込まれている」と同社は述べている。

-ハウス・インテリア
-