BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

有名人・アーティスト

世界を変えた異端の発明家ニコラ ・ テスラ

nikola_tesla_01

19世紀中期~20世紀中期、地球上に存在した彼の時代。ニコラ・テスラは、世界全体に大きな影響を与えた多くの発明を生み出しました。 ここでは真の天才との評価もある彼の研究を見ていきます。

時代をあまりにも先取りしすぎたため、周りの理解を得られず、異端のレッテルをはられた異能のサイエンティストとして人々の間では彼の人生はほとんど無視されていましたが、歴史はテスラの画期的な作品には親切でした。

私たちはテスラの発明の大部分を知っていますが、時間の経過とともに失われた彼の噂のデバイスがまだいくつかあります。 これらの発明は世界を変えた可能性があると言われています。

nikola_tesla_02

1.デス・レイ:最も有名なテスラのいわゆる失われた発明は、彼の「死の光線」でした。

1930年代、テスラは、200マイル以内にある何かを破壊する可能性を持つ集束ビームを発射することができる機械を発明したと主張しました。

彼はまた、その装置が外部から攻撃してくる物体から守るための「力の壁」を作り出すと主張しました。 この装置は決して創造されませんでしたが、その有効性を疑わないテスラのライバルが設計を盗もうとするのを止めませんでした。 死の光線の最終的な構成は歴史に失われています(それはおそらく良いことです)。

nikola_tesla_03

2.オシレーター:1898年に、テスラは彼のオフィスの壁に取り付けることを決めた小さな振動装置を作りました。 彼がそれをオンにしたとき、装置は建物全体をもの凄い振動で揺らしました。 それをオフにした後、テスラは装置と彼がそれを作成するために使用した設計図を破壊しました。 彼はスタッフに、今起こったの震災の真の原因について言及しないように強く口止めしたと言われています。

nikola_tesla_04

3.フリー・エレクトリック・システム:20世紀の頃、テスラはロングアイランドに巨大な送信塔を建設するためにJ.P.モルガンからの資金を受け取りました。 モルガンの考えは、タワーが世界中の無線メッセージを送信するために使用されるということでした。 しかし、テスラは世界中で無料の電力をワイヤレスで送信するためにタワーを使用する予定でした。 モルガンはテスラの計画を知った後、プロジェクトを停止した。 無料の電気は彼らの利益率を大きく損なうで事でしょう。

nikola_tesla_05

4.フライングソーサー(空飛ぶ円盤):1911年、テスラは飛行機を作成していたと報告されました。 「私の飛行機には翼もプロペラも搭載されていないので、地上で見ることができるような飛行機であるとは決して想像できないだろう。 この飛行物体は天候に左右されず、大気中のスポットやあらゆる方向からの気流にも影響されずに、ほぼ完全な安全性を備えている。強い風の中であっても非常に長い間静止していることができる。 鳥が使用しなければならないような繊細な装置ではなく、積極的で機械的な動作が必要なんです。」 と語っています。まるでUFOのように聞こえるよね?

nikola_tesla_06

5.飛行船の改善:現代のような飛行機での旅行が想像でしかなかった時代、テスラは大西洋を横断して人々を輸送するために地球の大気中に高い電気飛行船を使用するよう提案しました。 彼はまた、飛行船が太陽と大気から彼らの力を得ることができるとも提案していました。

nikola_tesla_07

悲しいことに、テスラは1943年に小さなアパートで孤独に亡くなりました。

死後、FBIが研究室に侵入し、彼が研究して残した資料や試作装置を全て盗んだとの噂がありました。 これを裏付ける事として現代に生きる私達は、ニコラ・テスラが発明したものに明らかに影響を受けている技術に出会う事が度々あります。

-有名人・アーティスト