BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

プロダクト

ウィキペディアは、ブラジルの博物館の火災で失われた展示品のデジタルアーカイブを構築しています。

(Photo: Jonas de Carvalho via Wikimedia Commons CC BY-SA 2.0)

2018年9月2日、ブラジルのリオデジャネイロにある国立博物館「Museu Nacional」が火災により消失しました。 悲劇的な事に推定で2千万点に上る歴史上の貴重な遺物が煙の中に浮かび上がり、デジタルコピーでバックアップされているものはほとんどありませんでした。 この貴重なパーマネントコレクションを保存しようとする試みの中で、ウィキペディアは火災の起きる前に撮られた博物館の写真を集めて、デジタルアーカイブとして保存するキャンペーンを開始しました。

3000年前のエジプトの棺から発見されたアメリカで最も古い化石化した人間の遺体や色とりどりの蛾の標本はウィキペディアがこのバーチャルコレクションに永遠に残すことを望んでいるオブジェクトの一部です。 可能な限り最も包括的なアーカイブを作成するために、ウェブサイトは、Museu Nacionalの写真があれば自信を持って送信するよう一般市民に求めています。 ウィキペディアからのメッセージは「MuseuNacionalの中には2000万点もの展示物があったはずです。 あなたはそれらの写真を何か撮っていませんか?できるだけ多く展示品の写真を@ウィキコムに加えるのを助けてください。」

200年前の博物館を復活させる方法はありませんが、ウィキペディアは、このプロジェクトが未来の世代に、これらの悲惨な結果となってまった宝物を垣間見せてくれることを願っており、デジタル化の重要性を強調しています。 ウィキメディア財団のコミュニケーション担当バイスプレジデント、クイ・キニャンジュイ(Kui Kinyanjui)は、「私たちは、たった一夜の間に人類の歴史が一掃されたことを聞いて本当に悲惨でした。 火災の前にこのコンテンツを手に入れることができなかったのは残念ですが、ブラジルのWikiコミュニティで救済しようとしています。」と語っています。

出典元:mymodernmet.com

(Photo: Lets Vamoose LLC via Wikimedia Commons CC BY-SA 4.0)

「何千枚もの画像がすでにアップロードされている」とブラジルのO Globoは報告している。それらには識別情報がほとんど含まれておらず、奨学生や知識のあるWikipedia編集者には提供されません。世界中の他の機関も対応しています。GeekWireは、「ナショナル・ジオグラフィック、ユネスコ、フランス政府は、美術館を復元し、そのコレクションを復元するための支援を提供しています」と述べています。灰から湧き出るかもしれませんが、博物館の以前の内容のほとんどは、訪問者の個人的な記録からできています。

(Photo: Lets Vamoose LLC via Wikimedia Commons CC BY-SA 4.0)

マッカーは、「世界中の人々に、私たちのグローバルコミュニティに参加してほしい」と訴え、ウィキメディア財団のエグゼクティブディレクターのキャサリン・マーハーも次のように述べています。「この世界的な悲劇から回復するのを助けてください。歴史と言いますが、もちろんそれ以上のものです。」

博物館には先史時代の遺物だけでなく、エジプトの石棺やミイラ、ギリシャの花瓶など多くの古代の宝物も展示されていました。博物館のウェブサイトでコレクションの範囲を知ることができ、ウィキメディアで訪問者が投稿した写真を閲覧することができます。

(Photo: Aline.Zigiotto via Wikimedia Commons CC BY-SA 4.0)

(Photo: Lets Vamoose LLC via Wikimedia Commons CC BY-SA 4.0)

(Photo: JorgeBRAZIL via Wikimedia Commons CC BY 2.0)

それらの訪問者の一人であれば、写真をウィキメディアコモンズに提出することができます。連邦政府のエスタド・ド・リオ・デ・ジャネイロ連邦共和国の学生もまた、「自分たちのクラウドソーシング活動を推進している」とギーク・ワイヤー氏は指摘する。「彼らは過去の訪問から自発的な人を誘っています。」この悲劇が政府に将来の博物館への資金提供を促し、デジタルアーカイブを優先させるために博物館を支援してくれることを期待しています。

-プロダクト
-