BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

アート・デザイン

美術家がアルツハイマー病やパーキンソン病に苦しんでいたかどうかを絵画で見ることができます。

2017/01/03

salvador_dali

引用元:telegraph.co.uk

アルツハイマー病やパーキンソン病に罹患しているかどうかは、診断を受ける前から明らかにすることができます。

リバプール大学の研究者は、Salvador Dali、James Brooks、Pablo Picasso、Claude Monetなどのアーティストによる2,000点以上の絵画を検証しました。ダリ氏は後の人生でパーキンソン病に苦しみ、ブルックスはアルツハイマー病を発症しています。

科学者たちは、病気の進行に伴って彼らの絵画スタイルがどのように変化したかを調べるために、「フラクタル解析」という手法を用いました。 このプロセスは、芸術家の作品の模様の繰り返しを探します。 通常、時間の経過とともに、よく知られているパターンや筆跡の数が増えます。

しかし、ブルックスとダリの後期の作品をピカソとモネの後期作品と比較した時、どちらも神経変性状態を呈していなかった場合、パターンは減少しました。

salvador_dali_02

研究の著者Alex Forsythe博士は次のように述べています。「芸術は、長い間、心理学者によって、認知障害を患っている人々の生活の質を改善する効果的な方法に受け入れられてきました。」

「私たちはブラシとペイントとの個々の関係を分析することにより、アーティストの"手書き "を解読してこの伝統を構築しました。 このプロセスは、新たな神経学的問題の検出の可能性を提供するものです。」

「私たちのイノベーションが初期の段階で神経疾患を診断するのに役立つ新しい研究の方向性を開くことを期待しています」

salvador_dali_03

この発見は、芸術家の歴史家が、後の人生でアルツハイマー病などの病状に苦しんでいるかどうかを知ることを可能にする可能性があると評価されています。

ダリ氏は、1980年に手が震え始め、絵を描くことが難しくなったときに、パーキンソン病の兆候を初めて見せたと考えられていました。 彼の最後の絵The Swallow's Tailは1983年に完成し、彼は1989年に死亡した。

この研究はNeuropsychology誌に掲載されました。

-アート・デザイン