BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

何だコレ・不思議

宇宙に飛び立つスターライナーの宇宙服がクール

引用元:boeing.jp

ボーイング社のCST-100 Starlinerは、国際宇宙ステーション(ISS)との間を往復する21世紀の宇宙カプセルです。

米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル後継機プロジェクトである商用有人宇宙船開発計画(Commercial Crew Program)の一環で開発され、最大7名の乗客、または乗組員と貨物を混載して、低軌道上にあるISSやビゲロー・エアロスペースが計画中のステーションなどへ輸送することができます。

船体は革新的な無溶接設計で、船内にはボーイングのLED照明「Sky Lighting」や無線インターネットが備えられているほか、乗組員用にタブレット型の操作パネルが採用されています。

ボーイングは2015年9月、このCST-100を「スターライナー」と命名しました。

引用元:laughingsquid.com

ボーイング、CST-100 Starliner Spacecraftに搭乗する宇宙飛行士の宇宙服を発表!

2018年、ボーイング社は宇宙船に搭乗した宇宙飛行士が着用するスターライナー・スペーススーツを発表しました。この宇宙飛行士が身に着けているスペーススーツは、従来の宇宙服のデザインに比べて軽量で快適に作られています。 柔らかいジッパー付きのヘルメットとタッチスクリーンの操作に適した手袋です。

スーツは「ボーイング・ブルー」を採用しています。

そしてスターライナーの乗組員およびミッションクリティカルシステムのディレクターである元NASAの宇宙飛行士、クリス・ファーガソン(Chris Ferguson)がモデルになって発表されました。

スターライナーの宇宙服は、より大きな加圧移動性を提供し、従来のスーツより約40%軽量です。その革新的な服の層は、宇宙飛行士をより涼しく保つことが可能です。 また、通気性が良く滑りにくいブーツも装着しています。

タッチスクリーンに優しい手袋は宇宙飛行士がカプセル内でタブレット端末とリンクすることを可能にします。

胴体部分のジッパーは、宇宙飛行士が座ってから立つまで快適に移行するのを容易にします。 打ち上げ中の宇宙飛行士や地球への帰還を守ることに加えて、ヘルメット内の通信ヘッドセットを介して宇宙飛行士を地上や宇宙飛行士に接続するのにも役立ちます。

-何だコレ・不思議