BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

カスタム・ハンドメイド

19世紀のツールボックスは300個のツールを保持するように綿密に設計されています。

腕の良い木工労働者は、上等な道具箱を持っていますが、誰もスタッドリー・ツールチェストのような特別なものを作ったことはないでしょう。

この美しいツールチェストは20×40インチ(オープン時は40×40インチ)で、マホガニーのローズウッドを使用して丁寧に作られています。

マザーオブパールのケース内には300種類のツールが収められています。

その作品自体が興味深いように、それは長い歴史を持ち、ある時点ではスミソニアン博物館にも展示されているのを見ました。

スタッドリー・ツールチェストは、石工、大工とピアノ・メーカーH. O. Studleyによってつくられました。

マサチューセッツ州ローウェルで1853年に生まれたスタッドリーは、1861年にマサチューセッツ州歩兵に入隊し、テキサス州で戦争捕虜として拘留されました。

オルガンとピアノのメーカーで技師として働いていた1890年から1920年の間に、スタッドリーは独創的な開閉チェストを考案しました。

また、このチェストは19世紀のハンドツールのコレクションと自分の持っていたツールを全て収納出来るようにに設計されており、すべてのツールを比較的小さなスペースにまとめる独創的なシステムを作り上げるために思考錯誤を繰り返しました。

トレイ、隠れたコンパートメント、および複数のレイヤーを完全に隠すように、ジグソーパズルをうまく組み合わせたような構造で完璧に組み込まれました。

各ツールには、適切なスペースがあります。

引用元:mymodernmet.com

アート作品でもあるスタッドリー・ツール・チェストは、ピアノマンとしてのキャリアを語るマザー・オブ・パールとアイボリー・インレイのディテールでいっぱいです。

マンモスピースの重量は空のときは72ポンド、全てをセットしたときは156ポンドもあり、それを動かすには数人規模での完全なチームワークが必要です。

スタッドリーは1925年に亡くなる前に、この作品を友人に渡しました。

友人の孫であるピート・ハードウィック(Pete Hardwick)は、1980年代の後半に国立アメリカ歴史博物館のスミソニアン研究所に貸与しました。

それは後に非公開の集のオークションでプライベートコレクターによって購入されましたが、セット内の1つのツールが1993年に$ 700で評価された事を想像すれば、ハードウィックにかなりの額のお金を支払う必要がありました。。

時折、現在の所有者は、それを国立アメリカ歴史博物館に貸与しています。

スタッドリー・ツール・チェストはFine Woodworkingの表紙に掲載された後、木工業界で伝説的になりました。

マサチューセッツ州にある出版社はスタッドリー・ツールチェストの限定版ポスターを印刷しましたがすぐに完売しました。

絶版して年月が経つとポスターを再び販売することができます。

このGIFは、Studley Tool Chestがツールの修復と再配置後に何年も変わったかを示しています。

H.O. Studley Tool Chest

他にはないようなツールボックス、この木工作品はNew Yankee Workshopでも紹介されました。

-カスタム・ハンドメイド