BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

フード・ドリンク

コカ・コーラ誕生の歴史が闇深く興味深い

2017/01/30

引用元:acidcow.com  messynessychic.com

コカ・コーラの創造者であるジョン・スティス・ペンバートンは南北戦争の期間(1861年 - 1965年)、南部連合軍の大佐としてに勤めました。

その後、1880年代にジョージア州コロンバスで薬剤師、科学者をしていた彼は、当時人気のあったコカ・ワインを製造していたマリアーニのバージョン“ヴィン・マリアーニ”のレシピに手を加えて、人気のアメリカン・ドリンクとなる“フレンチ・ワイン・コカ”を開発しました。

これが現在では全世界で飲まれているコカ・コーラの前身となります。

コカ・ワインという飲み物は、1863年にフランスのパリでコルシカの起業家であった、アンジェロ・マリアーニによって最初に開発されました。

ペルー産のコカの葉とボルドーのワインから作られた彼のブランド“ヴィン・マリアーニ”は当時の社会問題を改善する画期的な飲み物として一夜にして大成功を収めます。

ヨーロッパとアメリカの広告は、強壮剤がうつ病を治すと主張し、健康、力、エネルギー、活力を回復させると盛んに宣伝しました。

実際、アルコールとコカインを組み合わせると、コカインが単独で製造できるものよりも強力で長持ちする陶酔感を生む化学物質が形成されることは事実です。

アルコールは、血流中を循環するコカインを排除しようとする身体の試みを妨げ、本質的に薬物の触媒として作用することになります。

それらが結合し、コカエチレンと呼ばれる化学物質が形成されると、コカインより約3倍長く体内に留まりますが、逆に30%も高い毒性レベルに達する危険性も持っています。

研究者らは、コカイン使用で起こる突然の原因不明の死亡は、この化学物質によるものがかなりの割合を占めていると考えていました。

“ヴィン・マリアーニ”は、トーマス・エジソン、ジュール・ヴェルネ、サラ・ベルンハルト、ユリシーズ・S・グラントをはじめ、セレブリティの間で絶大な人気があり、ビクトリア女王の飲み物としても選ばれました。

教皇レオ13世は個人的にワインを支持し、ブランドの広告キャンペーンに顔を貸し、さらにそれにバチカンの金メダルを授与しました。

“ヴィン・マリアーニ”は、マンダリン・オリエンタル・ホテルグループのマーケティング・キャンペーンにおいて、著名な顧客を大事にして、飲み物のファンであった有名人の写真や引用文をパンフレットに記載して発表しました。

最近の研究によると、コカインとアルコールを一緒に摂取する人々は、ただお酒だけを飲むよりも12時間以上ハイな気分が持続するコカインと飲酒のセッションに参加する可能性が50%高くなります。

そのため、“ヴィン・マリアーニ”のコカ・ワインは、著名人から庶民へと広がって市場は急成長していきました。人気による価格の高騰もあり、簡単なレシピに触発された模倣品ブランドが乱立しました。

1885年、ペンバートンは、コカ、コラ・ナッツ、ダミアナ(抗不安と媚薬の性質を持つ花木)を組み合わせた“フレンチ・ワイン・コカ”という飲み物を販売し始めました。

彼はそれを「性的臓器の最も素晴らしい元気づけ者」と呼んだといいます。

“フレンチ・ワイン・コカ”は、アンジェロ・マリアーニのレシピに欠けていた食欲不振のための良い治療法であると評判のダミアナと、後にコカに含まれたカフェ・ソースであるコラ・ナッツを含んでいます。

そして南北戦争で傷害を負ったモルヒネ中毒者や科学者、学者、弁護士、医師などの上級知識人に売られ人気を得ていました。

Images © jp.pinterest.com

1886年にアトランタで禁酒法が可決されたとき、ペンバートンはワインをシロップに置き換えて“コカ・コーラ”と命名する非アルコール性のバージョンを考案しました。

しかし、アトランタの禁酒法にもかかわらず、“フランス・ワイン・コカ”の生産は、1888年のペンバートンの死まで続き、彼が新しく開発した“コカ・コーラ”を上回っていました。

コカをベースにした飲み物の不安が高まるにつれて、ペンバートンの後継者は、コカインが公式に禁止される1914年の11年前である1903年には既に、生産していた飲料品から全てコカイン成分を取り除きました。

“ヴィン・マリアーニ”および他の類似したコカ・ワインは外食産業のメニューから外されたことにより衰退し廃業となりました。

その間にコカ・コーラはコカ・ワインに取って代わり、アメリカ人のお気に入りの飲み物になったのです。

強い歴史的証拠があるにもかかわらず、コカ・コーラ社は過去または現在の製品のいずれかにコカインが存在することを正式に否定しています。

コカインは1903年に飲み物から排除されていました。しかし、コカインは当時まだ合法だったと思う。 それは1914年まで禁止されていませんでした。

コカ・コーラは、5セントのガラスビンに詰められて売られていました。当時の5セントは現在の1.26ドルの価値に相当します。

コカ・コーラはいつも戦略的な宣伝広告でイメージを作ってきました。だから、ある人たちは、コカ・コーラがサンタクロースの公衆のビジョンを形作ったと言います。

いくつか注目すべき広告とマーケティングの事実として、コカ・コーラは、カレンダーや時計などの非コーク製品を作成し、美しい女性の広告モデルを起用するなど、成功をイメージした戦略を採用しました。ノーマンロックウェルは、コーク広告のためのアートを創りました。

1930年代、 サンタ等の描写はポップカルチャーの歴史の一部であったが、コークはセントニックのイメージを形成する上で大きな役割を果たしていました。

1980年代、コカ・コーラ社は「モーニング・コーク」というキャンペーンを打ち、朝食に欠かせないコーヒーの愛飲家にもアピールすることを試みました。

コークは人種関係においてもあらゆる役割を果たしてきました。

それはどういう事かというと1899年になると、コカ・コーラは移動に耐える小さなボトルとソーダ水で製造するようになりました。これは、消費者人口に変化があったことを意味します。

いままで販売の対象とされていなかった少数民族の住む遠く離れた国の人々が突然、コカ・コーラを求めてアクセスしてきたのです。

-フード・ドリンク