BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

アート・デザイン

水中カメラマン達が撮った奇跡の一枚!

水の下に潜んでいるものは何でしょう? 水中写真家は、私たちのビジョンを超えて深い水の奥底に生息する生態系や遺物を把握するのに活躍しています。

1965年以来、水中フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(UPY)のコンペでは、8つのカテゴリーでフォトグラファーに賞を与えています。

今年の受賞者のGabriel Barathieuは67カ国からの水中カメラマンを打ち負かし、“Underwater Photographer of the Year賞”を受賞しました。

彼の勝利ショット、Dancing Octopusは、鮮やかな海の色と広角レンズを使った完璧なバランスの作品です。

「バレエのように舞う悪意のある姿、このイメージは、タコが浅いラグーンで狩りをするときの勇猛な姿を示しています。」

「その捕食シーンは独特で、この土地のあらゆる捕食者とは非常に異なっています。これは本当に別の世界から来た異星人かもしれません。 美しく撮影された本当に思い出深い生き物です。」とジュール・アレックス・マスタードは語っています。

引用元:mymodernmet.com

フランスの水中写真家、Gabriel Barathieuの作品「Dancing Octopus」 水中フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞者。

「Mayotteのラグーンでは、春の干潮時に水面には水がほとんどありません。 実際には30cmしかありません。 それが私がこの写真を撮った時です。 この効果を生み出すためにドームに可能な限り近づけなければなりませんでした。 14mmは非常に良好なクローズフォーカスを備えた超広角レンズで、この大きな効果をもたらします。 タコは大きく見え、水の高さも出ます。 また、自然光がたくさんあるので、フラッシュは必要ありませんでした。」

- Gabriel Barathieu -


 

今年のイギリスの受賞者である水中写真家、Nick Blakeの作品「Out of the Blue」

「メキシコのユカタン半島にあるククルカン・セノテは、チャック・モル系の一部を成し、太陽が暗闇に浸透するような壮大な光の効果が注目されています。 私は、望んでいた自然の光を得るためにストロボを後ろに残し、洞窟の影に移動しました。 ビューファインダーの周りを見ると、私の周りの洞窟の岩の輪郭が喜ばしい事に対称性を持っていることがわかりました。私はフレームのバランスを取るために自分の位置を調整しました。」

- Nick Blake -


 

最も有望な英国の水中写真家、Nicholai Georgiouの作品 「Orca Pod」

「シャチは、私がこれまで一緒に過ごしたことを誇れる、最も美しく知的で自信のある動物です。 この写真は、ノルウェーで野生のシャチと過ごした素晴らしい一週間の自由奔放さの中で撮影されました。 冬はかなり日が短く、水温は約5度でしたが、我々は厚手のウェットスーツを着用して撮影に挑みました。もちろん、シャチの周りにいると寒さはすぐに忘れられました。 シャチの優雅に泳ぐ群れの姿に重なるように、夕日は本当に美しい色をしていました。 それは撮影するのが難しい瞬間でしたが、このイメージを皆さんと共有できて嬉しいです。」

- Nicholai Georgiou -


 

アメリカの水中写真家、Ron Watkinsの作品「One in a Million」 広角レンズにて撮影

「昨年の夏、私たちはサケやサメを探してアラスカに向かい、背びれを探して船で巡航していました。この写真は、数百メートルに及ぶ巨大な月クラゲの花に突然出会ったときのものです。 クラゲが密集して出来た花は、深さ2メートルから20メートルを超えていました。私たちは水中で多くの時間を過ごしました。 パラオのジェリーフィッシュレイクを含むこれまで経験した何よりも密な時間でした。私は、花から表面に立ち上がるこのライオンのたてがみに似たジェリーフィッシュに出会い、このイメージを捕らえるために、自身をそれのすぐ上に置きました。」

- Ron Watkins -


 

ハンガリーの水中写真家、CsabaTökölyiの作品「The wreck of the Louilla at sunse」

ウイナー、レックス」。「これはシナイの端にあるティランの海峡のゴードン礁の上にあるルーラルの難破船です。 船底にアンカーチェーンが積み重ねられ、鯨の形をしています。 難破船はすぐに海の中ではエコシステムの一部になります。 柔らかいサンゴはすぐに発達し、若い魚の学校の避難所になることがしばしばあります。 しかし、それらは周囲に壊滅的な影響を与えることもあります。 この難破船はゴードン・リーフの頂上にあり、波に打ちつけられ、ゆっくりと劣化しています。 昨年の夏、上部構造の一部が崩壊し、難破船がそれを失ったのは壮大で映画的な表情でした。 数十年の間に、この巨大な貨物船の残骸からサンゴ礁は再び自由になるはずです。」

- CsabaTökölyi -


 

カナダの水中写真家、Qing Linの作品「Your home and my home」。 行動部門での受賞

「アネンフィッシュとアネモネは共生関係を楽しんでいます。 寄生虫のアイソポッドは、アネンフィッシュの口の中で遊ぶのが好きです。 おそらくアイソポッドのために、クモ状のアネンネフィッシュはしばしば口を開けます。 これら3つの特定の魚には非常に興味が魅かれました。 私が近づくと、彼らはカメラのレンズについて踊りました。 3匹のすべての魚が彼らの存在を明らかにするために口を開けた正確な瞬間を捕らえるために6回のダイビングを繰り返し、この撮影には忍耐と運が必要でした。」

- Qing Lin -


 

フランスの水中写真家、Greg Lecoeurの作品「Dolphins Hunting」

「昨年以来、イワシは過剰漁獲と気候変動の犠牲者となっています。 彼らは海洋生物の主要な食糧源であり、ペンギン、シーライオン、サメ、イルカなどの多くの種が生存のためにそれらに依存しています。 野生の海岸に沿った彼らの移動の間、すべての捕食者が一緒に働いてイワシを狩るが、行動はますます予測できなくなっています。 この瞬間を捉えるために、私はこの行動を目の当たりにするチャンスを数日間持っていました。」

- Greg Lecoeur -


 

英国の水中写真家、Jade Hoksbergenの作品「Medusa Blenny on the Lookout」

「私がセントルシアに住んでいて、初めて水中カメラに手を差し伸べた2016年の初めに、祝福に魅せられました。 以前はフィリピンに住んでいたので、セントルシアでの広大な存在にもかかわらず、ブリネージは私には目新しかったです。 私は彼らの表情の範囲が非常に面白いので、時にはガーゴイルと関連しているような顔に似ていると思いました。 このショットでは、色とテクスチャが環境とどのようにシームレスに融合しているかを示しながら、このブレニーの複雑なディテールを説明したかったのです。

- Jade Hoksbergen -


 

ブラジルの水中写真家、FábioFreitasの作品「Backlight Shrimp」 大いに称賛されたマクロ写真

「エビは撮影に挑戦する課題です。 美しい色と形を描き、特に目に焦点を当てる必要があります。 午後遅く、ボネアの好きなダイビングスポット「Something special」で、私はこのエビを岩の下で完璧な姿勢で見て、連続照明とバックライト技術を使って撮影しました。 すぐに私はストロボを消し、私の撮影スタッフにエビの後方に照明を置くように頼んだ。 私は4枚の写真しか撮る事が出来ず、直ぐにエビは姿を消してしまいました。」

- FábioFreitas -


 

カナダの水中写真家,Tony Myshlyaevの作品「Silversides at Twilight」

「この場所を初めて見つけた後、桟橋とシルバーサイドの構図は長い間私の心の中にありました。 モンスーンの雨が吹き荒れたとき、私はこのアイデアを実行するために水に飛び込んだ。 主な障害は、太陽があまりにも速く落ちてアイデアを実行するのが困難だったことです。 私は自分の設定を妥協し始め、すでにその可能性を失ったものとあきらめていましたが、その時に捕食するためにいくらかのアジ科の食用魚が到着。これは完璧だった。トウゴロウイワシは既に私の存在を忘れています。 チャンスを見て、私は魚群が移動してしまわないうちにシャッターをできるだけ早く切りました。」

- Tony Myshlyaev -


 

ベルギーの水中写真家、Luc Roomanの作品「Toads mating」

「通常は3〜4月の時期、気候条件が8℃で湿気の多い天候の場合、ベルギーのトゥルンハウトにある淡水湖でヒキガエルが交尾しているのを見る事ができます。 ヒキガエルは湖の浅いところ生息していて、シュノーケリングをしながら自然光で写真を撮ることができます。」

- Luc Rooman -


 

イギリスの水中写真家、Damien Mauricの作品「mp of darkness」

「ガラパゴス諸島を訪れたチャールズ・ダーウィンは、その島に生息する動物の姿を見て次のように書いています。“海岸にある黒い溶岩の岩石の上には、大きくてうっすらとした不器用なトカゲの姿がよく見られる。 彼らは多孔質の岩石のように黒い姿で海岸から獲物を捜し求める。 私はそれらを「暗闇の痕跡」と呼んだ。”

彼らは確かに自分達が住んでいる土地にうまく融合しています。 "海のイグアナはすべてモンスターではありません。 ガラパゴスで特有の存在であり、絶滅の危機に瀕しているこの種の動物と瞬間を共有することは本当に限られた特権なのです。」

- Damien Mauric -


 

英国の水中写真家、Richard Shucksmithの作品「Competition」

何百ものカツオドリがボートの上空を旋回して、ボート横の海面に投げ入れられていた魚を探していました。 突然、一羽の鳥が水中に潜ると、それを見た他の鳥が続くように20~40羽の鳥が一斉に潜っていきます。 このため、カツオドリの間で餌を奪い合う競争が常に起こり、同じ魚を巡ってのダイビングが繰返し行われています。 それらがカメラの前に出現する前に私の頭のすぐ上の水に当たると、私は鳥の鳴き声を聞くことができた。」

- Richard Shucksmith -


 

中国の水中写真家、Liang Fuの作品「Cleaner」 行動部門 第3位

「私は26メートルの深さの位置で、この清掃シーンを発見しました。 最初のダイビングで私は奇妙な形をしたうなぎの口の中を、綺麗なエビ達が清掃している写真をいくつか正面から撮りました。 私がライトでその姿を浮き彫りにしたとき、横顔を撮るアイデアを考えつきました。 私は2回目のダイビングを試み、そして、イメージした方法が正しかった事が判明しました。」

- Liang Fu -


 

フランスの水中写真家、Greg Lecoeurの作品「Green Turtles in the rays」

「テネリフェ島へのダイビング旅行の間、私はこれらの緑のカメに出くわしました。 それは早朝で、太陽光線が海面から挿し込んでいる時でした。 私はカメラの設定を調整し、カメがカメラを起動させている間に十分に近づくのを待っていました。 しばらくすると、カメは私たちの周りを回っていて、写真を撮る絶好の機会を与えてくれました。」

- Greg Lecoeur -


 

シンガポールの水中写真家、Katherine Luの作品「Nudi Art」

「私はシンガポールの地方の水域でこの写真を撮りました。そこでは、水中での可視性は平均3m程です。 私が知っているスクーバダイバーは、私がそこに潜っていることに常に驚いています。そして、ほとんどの人はこの海岸で素晴らしいマクロ撮影が可能であることを知りません。 私は何か人と違うことをして、私たちの水域でよく見られるヌディの枝を芸術作品にしたいと思っていました。」

- Katherine Lu -


 

香港の水中写真家、So Yat Waiの作品「Prey?」 マクロ部門の勝者

「この写真は、フィリピンのアニラオでの夜間ダイビング中に撮影されたものです。 シャコとエビの幼虫はお互いに非常に小さいですが、既に狩猟のために爬虫類を襲う捕食者です。 獲物を発見し、襲い掛かるために準備はできたか?」

- So Yat Wai -


 

米国の水中写真家、Steven Kovacsの作品「Larval Lionfish」

「フロリダ州パームビーチの暗いウォータードリフトダイビングで採取されたこの画像は、外生的な遠洋性の動物やプランクトン、および開発の初期段階で外洋で漂う多くの生物の幼虫期を探すために採取されました。 漆黒の闇の中での潜水中に見られる動物の多くは非常に小さく、強力な潜水灯で照らされたときに素早く動いてしまうので、素敵な画像を得ることは難しいことではありません。 ある特定のダイビングでは、私はこの珍しい小さなライオンフィッシュ、それも初期の幼虫期に遭遇できたことは非常に幸運でした。そして、カメラに向かって美しい鰭を広げているこの写真を撮れたのもまったくの幸運でした。」

- Steven Kovacs -

-アート・デザイン
-