BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

何だコレ・不思議

見てると後からジワジワくる画像を集めてみた【6】

2016/12/03

s_very_interesting_photos_85

髭コンテストのエントリー者。本当に自分の髭なの?と聞きたくなるユニークな髭の持ち主。髭の手入れが大変そうですね。

s_very_interesting_photos_86

刺されると激痛の“パンダアリ”その姿とは異なり別名「牛殺し」というから驚きです。

s_very_interesting_photos_87

台湾の写真家“Yung Cheng Lin”の奇抜で見るものに衝撃を与える写真の一枚。

s_very_interesting_photos_88

実際の人間の頭のように見えるヘルメットは、デジタルデザイナーのJyo John Mullorのデザイン。 ドバイに拠点を置くアーティストは、ヘルメットに印刷された場合、人の頭が削られたように見えるものをコンセプトイメージとして作成しました。 現在、この製品を製造する予定はないとの事です。

s_very_interesting_photos_89

カリフォルニアのカブリージョ大学の研究室の技術者であるTasha Sturmは、皮膚に生息する微生物の多様な世界を示す特別な画像セットを作成しました。 このカラフルなペトリ皿には、8歳の息子の手で外で遊んだ後に見つかったバクテリア、酵母、真菌がいっぱいです。

s_very_interesting_photos_90

11世紀から12世紀の仏像をCTでスキャンしたところ、古代中国の仏教僧のミイラが納められており、その身体の中の器官は古代中国の紋章に置き換えられています。

s_very_interesting_photos_91

1961年には、NASAの科学者たちはまだチョークと巨大な黒板で何かをやっていました。
電子計算機がまだ発明されていない時代です。

s_very_interesting_photos_92

1918年代の潜水艦の操作室。とんでもない数の操作ハンドルに囲まれて、いったいどんなふうにして当時の潜水艦を操作していたのでしょう?

s_very_interesting_photos_93

ニュージーランド最大のギャング組織のメンバーの顔を200人以上撮影した写真家ジョノ・ロトマン(Jono Rotman)の印象的な肖像画。

s_very_interesting_photos_94

シドニーのタロンガ動物園では、20匹のベビーカメレオンの誕生を発表しました! わずか5センチの大きさしかないこの小さなキュートなカメレオンは、動物園で最初に生まれた5歳以上のカメレオンです。

s_very_interesting_photos_95

ブルガリアのヴァルナの通りに現れた奇妙でシュールな緑の猫により、ネットではちょっとした炎上騒ぎを起こしました。 インターネットユーザーは犯人を見つけるために力を合わせ、悪い冗談と虐待の犠牲者と考えていましたが、 調査の後、この緑の猫は実際にガレージで彼のサイケデリックな色を継承したとの結論に落ち着きました。謎の説明は驚くほど簡単で、緑色の塗料が乾燥した山の上で寝るのが大好きだったという事です。

s_very_interesting_photos_96

パリに本拠を置くフランスのアーティストカル・レバックの美しい超現実的な写真、自然と個性の関係を探求し、詩的な構成とモンタージュによる人体と精神の脆弱性を探求します。

s_very_interesting_photos_97

「積み重ねられた」とは、オーストラリアの写真家、ピーター・スチュワートの美しく驚くべきシリーズで、魅力的な写真で香港の巨大な建物を捉え、色、光、パースペクティブを持つ多くの才能を持っています...プリントは彼のウェブサイトで入手できます。 私はあなたにシリーズ "ファンホーが見た50年代の香港"をお勧めします。

 

 

-何だコレ・不思議
-