BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

何だコレ・不思議

見てると後からジワジワくる画像を集めてみた【9】

2017/01/05

s_very_interesting_photos_129

カメラマンがカメラを構えた一瞬を捕えたエックス線写真。これってどうやって撮ったのでしょう?

s_very_interesting_photos_143

この印象的な鉛筆の彫刻はダルトンゲッティによって作成されました。ハートとチェーンの部分は柔らかな鉛筆の芯を彫刻しています。なんと拡大鏡を使わないでカミソリの刃、針と彫刻ナイフだけで緻密な作品を仕上げていると言うから驚きです。

s_very_interesting_photos_130

「Metropolis II」は、1,100以上のHot Wheels車が永久運動で芸術的に動くように設置されているため、建設に4年の歳月を必要としました。 おそらく、Hot Wheelはこれまでに構築された最も複雑なものを更新します... Chris Burdenの魂のプロジェクトです。

s_very_interesting_photos_131

乳歯と永久歯が生え変わる前、同時に両方持つていた6歳児の頭蓋骨の写真。

s_very_interesting_photos_132

ライカのカメラレンズを半分にカットしたというこのモデルを見ると、その複雑で美しくメカニカルな構造を見る事ができます。

s_very_interesting_photos_133

X ファイル ブギ!主人公のスカリーとモルダーの踊るポーズが何となく微妙な雰囲気です。

s_very_interesting_photos_134

発火したままニューヨーク市を歩く宇宙飛行士 - ジャッククロッシングによる写真。

s_very_interesting_photos_135

フランスの写真家ミッシェルRajkovicにより作成された霧の中のようで、幽霊のような黒と白の世界が非常に美しい写真。

s_very_interesting_photos_136

"脳のキューブ"はルービックキューブをカバーし、脳の形を揃えるガジェットです... Jason Freenyによって設計されました。

s_very_interesting_photos_137

暗闇の中に立ち、両目が発光している奇妙な人たち - Moritz Resl

s_very_interesting_photos_138

彼らは惑星地球上のすべての生物の半分以上を占めています。 彼らの個体数は6〜10百万であると推定されている。 彼らは寒い南極大陸からオーストラリアまで、すべての大陸に生息しています。 彼らは様々な色、形、および居住性で驚きます。 彼らは昆虫であり、私たちの惑星の生態系の小さな非常に重要な住人です。 昆虫の世界の多様性は、常にマクロ写真技術を扱う写真家、とりわけ写真家の注目を集めています。 実際、昆虫のようなマイクロ写真のための完璧なモデルは他にどこにありますか?

s_very_interesting_photos_139

残念ながらジョージ・マイケルはクリスマスに亡くなりました。友人、家族、ファンは、まだ彼の衝撃的な死を受け入れられずにいます。 彼の歌手としての時間は、最もカリスマ的なポップスターの1人として過ごしていたが、子供時代の彼の写真は、非常にシャイだったことを明らかにしています。

s_very_interesting_photos_140

人々は通常、北極熊を獰猛な生き物と考えていますが、彼らは人間に愛されて親密になりたいと願っているようです。 80年代の探検家たちと北極熊とのワンシーンを写したヴィンテージ写真では、人間と北極熊達との間に相互信頼が築かれれば、とても近い距離でお互いが自然に交流する事が可能であることを証明しています。

s_very_interesting_photos_141

Krampusは、クリスマスシーズン中に、誤った行動をした子供たちを処罰する "ハーフヤギ、ハーフデーモン"と表現された角質の擬人化された民間人の姿で、聖ニコラスとは対照的です。 Krampusは、オーストリア、バイエルン、クロアチア、チェコ共和国、ハンガリー、スロベニア、北イタリアなどの地域のセントニコラスと提携しています。 人物の起源は不明である。 民俗学者や人類学者の中には、キリスト教の起源を前提としている人もいます。

s_very_interesting_photos_142

「新世界の透明標本」は魚や動物の美しく着色された骨格はアート作品として販売されています。 日本人の研究者は、皮膚、肉、筋肉を透明にし、その後骨を着色させる方法を見つけました。

s_very_interesting_photos_144

image:Dave Mead

「壮大な標本」 - 2009年、写真家のデイブ・ミードは、競技者の肖像画を撮影するために、アンカレッジ(アラスカ州)のワールドビアードとミスターチェチャンピオンシップに行きました。

s_very_interesting_photos_145

瞬きすれば間に合うよ! 蜂は目を狙っている。

-何だコレ・不思議