BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

何だコレ・不思議

見てると後からジワジワくる画像を集めてみた 13

電子顕微鏡で見たレコード針と再生中のレコード盤の溝を拡大して見た画像。

3D印刷で絶滅の危機に瀕している種を再生する? Young&Rubicam代理店が国際動物福祉基金のためにデザインした非常に視覚的なキャンペーンホスター。

ニューヨークのファッションブランドNookaは未来的な哲学について高く評価しています。

それをサポートするために、Mike Lubranoは、Back to the Futureの劇中に登場する最も象徴的な時間走行機である“デロリアン”と同じ車を改造し、ニューヨークのタクシーイメージを変える広告キャンペーンのコンセプトを作成しました!

バンクーバーのサイエンスミュージアムとレッシング博物館は、人々が科学に興味を持ち、サイエンスミュージアムが楽しくなることを証明するために、一連の楽しい広告を作成しました。 ユーモアがいっぱいのキャンペーン!

“2バイトは1より良い“”をキャッチコピーとした1976年のコンピュータ広告。

バットマンダークナイトライズ - 映画を宣伝するための素晴らしい3Dストリートアート!

絵画の傑作が一気に正確に再現されました!
このモナ・リザ画は、単にラインの太さや強弱を使い分け、長いスパイラルラインを一筆書きで描いて再現しています。 ファーバーカステル社の広告のためにCUE Artによって達成された驚異的なパフォーマンスです。

ゾンビの頭をボールとしたボウリングを想像してみてください...ゾンビがボウリングに招待されたとき、ゾンビをテーマにしたドイツのホラー・シャネル13stストリートの素晴らしいキャンペーン!

トーキング ・ ヘッズは、ビデオチャットを人間化するT-Mobileの新しい広告キャンペーンの名前です。 かなり面白いコンセプト!

ロシアのウラジオストク市からは遠くない場所にあるウスリ湾のガラスのビーチにようこそ。この海岸は元はガラスと磁器の工場として使われていた跡地を埋め立てした場所です。
瓶や陶器が海で洗われ砕かれて透明でカラフルな小石を無数に作りだし、自然と人工物の堆積したコントラストがウスリ湾のビーチに妙な現実味を与えます。 今日、この人間が作り出した環境汚染は真の観光名所になっています...

メキシコのグラフィックデザイナー、 ポール・フエンテスの初の超現実的な作品のシリーズ。

スウェーデンのマルメ通りには、よくよく注意して見ないと見落とす場所に街のネズミたちが開店するかのような奇妙なミニチュアショップが現れています。 食料品店、肉屋やレストラン、これらのミニチュアショップは、信じられないほど詳細な項目を多く含んでいます! 芸術集団Anonymouseによるストリートアートプロジェクト!

エストニアのStroomiビーチだけでなく、ミシガン湖やフィンランドの海岸にも何千もの氷球が現れると言われています。天候要因の複雑な組み合わせによって奇妙な自然現象が可能になり現れます。 この驚くべき現象は、写真家のAleksandr Abrosimovによって撮影されました。

産業ロボットを改良して作ったこのタトゥーロボットをは、スキャンされた画像から忠実に墨入れすることができます。ロボットによって達成された世界で初めてのタトゥーを作りました!

この奇妙な男の名はグラハム、車のクラッシュに生き残るために仮想された奇妙な人間です。 この素晴らしいプロジェクトは、オーストラリアの道路事故委員会、外傷の専門家、そしてこの非常に現実的な彫刻を作成した芸術家Patricia Piccininiとのコラボレーションから生まれました。 グラハムが衝撃や極端な力に耐えることができる人間の進化として設計されていれば、我々は非常に脆弱であるということを何よりも思い起こさせ、些細な事故は致命的になる可能性があるという事...

-何だコレ・不思議