BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

ハウス・インテリア

世界の子供たちと彼らが眠る場所

2017/01/04

引用元:telegraph.co.uk

ジェームス・モリソンによって発刊された“子供たちが眠る場所”という本の中で紹介されている写真です。 この本は世界の子供たちと彼らが眠る場所を比較しています。 子供たちに不平等を考えるよう促す本になっていますが、私は大人もこれを読むべきだと思ったので... Telegraph.co.ukのウェブサイト上の各写真の説明全体を一緒に読んでみましょう。

同じ子供という立場でも親や生まれた環境、その他の様々な要因により不公平な生き方を強いられています。それでも大人になって叶うかもしれない夢に向かってたくましく、そして努力していく姿がここにはあります。

where-children-sleep-01

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

カヤは、両親と4人暮らしで東京の小さなアパートに住んでいます。 彼女の寝室には衣服や人形が置かれ、床から天井まで敷詰められています。 カヤの母親は彼女のドレスを全て手作りしています。カヤには30着のドレスとコート、30組の靴と多数のウイッグを持っています。 しかし、彼女が学校に通う時は学校の制服を着用しなければならない。 彼女の好きな食べ物は、肉、ジャガイモ、イチゴ、桃です。 彼女は大きくなったら漫画家になりたいという夢を持っています。

where-children-sleep-02

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

ジャスミンは、両親と3人の兄弟とともに米国ケンタッキー州の大きな家に住んでいます。 彼女の家は農地に囲まれた田舎にあります。 彼女の寝室には王冠やコンテストの記念品がいっぱい置かれています。彼女は全米各地で行われる100以上の美少女コンテストに参加して、手ごわいライバル達に勝ってきました。 彼女はコンテストのリハーサルで自己アピールの演技を完璧に行うためにトレーナーが付いて毎日練習をするような努力家でもあります。 将来の目標をしっかりと持っている彼女は大人になったらロックスターになりたいと言います。

where-children-sleep-03

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

この男の子とその家族の家はイタリアのローマ郊外にある畑に敷かれたマットレスです。 家族はバスでルーマニアからこの地に来るために物乞いをしてチケット代を手に入れました。 彼らがローマに到着したとき、私有地にキャンプをしましたが、警察はそれらを投げ捨て家族を撤去させました。 彼らは身分証明書を持っていないので、法的に仕事を得ることはできません。 少年の両親は車のフロントガラスを信号待ちの間に掃除する仕事をしています。 彼の家族の誰も今まで学校に通っていません。

where-children-sleep-04

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

9歳の洞は、両親、妹、祖父と一緒に中国南西部の雲南省に住んでいます。 彼は妹と両親と部屋を共有しています。 家族は自分達の食べるコメとサトウキビを栽培するのに十分な土地を所有しています。 洞の学校まで徒歩20分です。 彼は執筆と歌を楽しんでいます。 ほとんどの晩、彼は宿題を1時間、テレビを見て1時間を過ごすそうです。 彼は大人になったら警官になりたいと言います。

where-children-sleep-05

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

7歳のインディラは、ネパールのカトマンズ付近に両親、兄弟姉妹と一緒に住んでいます。 彼女の家には1つのベッドと1つのマットレス付きの部屋が1つしかありません。 就寝時に、子供たちは床上でマットレスを共有します。 彼女は3歳の時から地元の花崗岩採石場で働いていました。 家族は非常に貧しく、誰もが働く必要があります。 採石場には150人の他の子供たちが働いています。 インディラは1日6時間働いた後も家事で母親を助けます。 彼女はまた、徒歩30分の学校に通っています。 彼女の好きな食べ物は麺です。 彼女は大きくなったらダンサーになりたいです。

where-children-sleep-06

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

ロアシーは、カンボジアのプノンペン郊外に住んでいます。 彼の家は大きなゴミ捨て場に建てられています。 ロアシーのマットレスは古いタイヤから作られています。 約5000人が同じようにこの場所に住み、働いています。 毎朝6時、彼らは仕事を始める前に地元の慈善団体で、何百人もの子供たちと一緒にシャワーを浴び、リサイクル会社に売られている缶やペットボトルを掃除します。 朝食はしばしばその日の唯一の食事です。

where-children-sleep-07

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

ブラジルのリオデジャネイロにあるアパートの3階に、両親と妹と一緒に住むタイス。 彼女は妹と寝室を共有しています。 彼らは、ギャングの競争と薬物使用のために有名であったCidade de Deus「神の都市」地域に住んでいます。 2002年の映画シティ・オブ・ゴッド以来、それは大きな改善を受けています。 タイスはポップ歌手のフェリペ・ダイロンのファンで、壁に彼のポスターが貼られています。 彼女はモデルになりたい。

where-children-sleep-08

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

ナンティオ(15歳)は、ケニア北部のRendille部族の一員です。 彼女には2人の兄弟と2人の姉妹がいます。 彼女の家は、牛の皮やプラスチックからできたテントのようなドームで、中で立つ余地はほとんどありません。 中には家族が眠る場所と火事場があります。 ナンティオの仕事は、ヤギの面倒をみて、薪を切り刻み、水を汲んでくることです。 彼女は数年間だけ村の学校に行きましたが、進学しないことに決めました。 ナンティオは、部族の若い戦士と結婚することを望んでいます。 彼女には今、ボーイフレンドがいますが、結婚前にいくつかのボーイフレンドを持つことはRendille部族の女性にとっては珍しいことではありません。 まず、彼女は割礼を受ける必要があります。

where-children-sleep-10

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

ヨルダン川西岸にあるイスラエルの和解事業所であるベイタール・イリット(Beitar Illit)のマンションには、Tzvika(9歳)が住んでいます。 そこは、36,000人のハレタイ(正統派)ユダヤ人の門を開いたコミュニティです。 テレビと新聞は禁止されています。 平均的な家族には9人の子供がいますが、Tzvikaには1人の姉妹と2人の兄弟しかいません。 彼は車で2分の場所にある学校に通っています。 スポーツはカリキュラムから禁止されています。 Tzvikaは毎日図書館に行き、聖書を読むことを楽しんでいます。 彼は自分のコンピュータで宗教的なゲームをすることも好きです。 彼はラビになりたい、彼の好きな食べ物はシュニッツェルとチップスです。

where-children-sleep-11

image:James Mollison/Chris Boot Ltd

セネガルに住むラミン(12歳)。 彼は女の子がいない村にあるコロンニク学校の生徒です。 彼はいくつかの男の子と部屋を共有しています。 ベッドはベーシックで、一部は脚用にしているレンガで支えられています。 毎朝6人の少年が学校の農場で働き始め、そこでトウモロコシを掘り、収穫し、ロバを使って畑を耕す方法を学びます。 午後にはコーランを勉強します。 ラミンは自由時間に友人とサッカーをするのが好きです。

-ハウス・インテリア
-