BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

アート・デザイン

奇跡の一枚!チャンスを切取る21歳の写真家の写真に高まる!

2016/10/07

s_wild_animal_nature_photography_01

引用元:deMilked

Konsta Punkkaは21歳という若さですが、彼がInstagramに投稿している野生動物達の非常にリアルな一瞬を切り取ったような接写写真が話題となり、現在75万人以上のフォロワーを持つ最も人気のある写真家となりました。

ヘルシンキに拠点を置くカメラマンは静けさの感覚があるといいます。そして、何故か彼への信頼感を持つ動物達は彼が自分達の生活しているテリトリーに信じられないほど近くに来るのを許しています。

彼はその完璧なショットのために並はずれた忍耐力と冷静な判断力で撮影に挑み、仕事に対する強いプライドと喜びを持っています。

この冬、彼は納得できるショットを撮るために洞穴の入口で何時間も這ったままの状態でシャッターチャンスを待ち続けました。

どのようにしたら野生動物のこれらの素晴らしいクローズアップショットを撮る事が出来るのか本当に不思議でなりません。

s_wild_animal_nature_photography_02

image:Konsta Punkka

まるで警戒心が欠如しているような穏やかな表情を見せるキツネが印象的な一枚。目には微かに撮影者が写り込んでいる事から、かなり近くまで寄って撮影されたのが分かります。

s_wild_animal_nature_photography_03

image:Konsta Punkka

この表情、たまりませんね。

s_wild_animal_nature_photography_04

image:Konsta Punkka

s_wild_animal_nature_photography_05

image:Konsta Punkka

くつろぎ過ぎジャン。寒い冬におやつをもらったお礼なのかな、奇跡の一枚という感じです。

s_wild_animal_nature_photography_06

image:Konsta Punkka

左手に乗せたピーナッツに向かってくる鳥を撮っているという事は重いカメラを片手でブレずに撮影したって事かな?すごいな・・

s_wild_animal_nature_photography_07

image:Konsta Punkka

野生の熊に近づくギリギリの距離感と緊張感が同居したような写真です。

-アート・デザイン
-