ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

BETTERDAYZ

プロダクト

これらの新しい二階建ての飛行機の座席は、飛行中に乗客が横になることができます。

投稿日:2020年6月3日 更新日:

すべての旅行者に共通して嫌われることがあるとすれば、それは長時間のフライトで足元のスペースがないことです。エコノミークラスの小さな席に詰め込まれているのに、前の席の人が少しでもシートをリクライニングしようとすると、足元のスペースが実質的に存在しなくなってしまうのです。

しかし、米国を拠点とする新興企業ゼファー・エアロスペース社は、エコノミークラスの乗客が飛行中に横になれるようにする画期的な二階建てタイプのシートを導入することで、この恐ろしい体験を過去のものにすることを目指しています。

ゼファー・エアロスペース社は最近、飛行中に横になれるユニークな2階建てシートを導入しました。

Image credits: Zephyr Aerospace

同社のウェブサイトでは、ほとんどの航空会社の座席は70年代からまったく変わっておらず、エコノミークラスの座席の99%は直立姿勢で固定されているため、中で寝ることはほとんど不可能であると述べている。"ゼファー・エアロスペース社は、「長時間にわたって不自然な姿勢を強制し、健康を害する可能性がある」と述べている。

Image credits: Zephyr Aerospace

ゼファー・エアロスペースによると、航空会社はオプションのサービスを提供することで高い運賃を正当化しようとしているが、旅行者の70%は喜んでフライト中に横になって眠る事が出来る環境を選択するでしょう。

Image credits: Zephyr Aerospace

「私たちのデザインは、乗客が完全にフラットに横になったり、ラウンジでくつろいだり、足を完全に伸ばして座ったりと、多機能な使い方ができるようにしています」とスタートアップは述べています。

Image credits: Zephyr Aerospace

首の痛みがなくなります。

Image credits: Zephyr Aerospace

座席のレイアウトは、社会的な距離感を保つことも可能になります。

Image credits: Zephyr Aerospace

ゼファー・エアロスペース社によると、航空会社は姿勢を記憶できるシートや遮光カーテン、有機ELディスプレイなどのアップグレードを自由に選択できるようになると言います。

Image credits: Zephyr Aerospace
Image credits: Zephyr Aerospace

-プロダクト

Copyright© BETTERDAYZ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.