ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

BETTERDAYZ

タイムスリップ

ニール・アームストロングの宇宙服が国立航空宇宙博物館で展示されています。

投稿日:2019年7月18日 更新日:

1969年7月20日の日付は、宇宙探査の特別な瞬間です。 これは、ニール・アームストロングが月に最初の一歩を踏み出し、「それは人間にとって小さな一歩であり、人類にとって大きな飛躍だ」というフレーズを発した日でした。歴史的な行為は今日も私たちにインスピレーションを与え続けています。 スミソニアン協会の国立航空宇宙博物館を訪れて歴史を作った宇宙服を見ました。 月面着陸の50周年にちょうど間に合うように到着した彼らは、アームストロングがアポロ11ミッションのために着ていたスーツを再導入しました。

引用元:mymodernmet.com

宇宙服は13年間、世間の注目を浴びていませんでした。 その間、アームストロング着用した宇宙服を良好な状態に保つために多くの保存努力が行われました。 「保存には、X線、CTスキャン、UV写真のイメージングによる詳細なマップの作成、および長年の研究が含まれていました」とスミソニアンはプレスリリースで説明しています。 「博物館の保存担当者は、スーツの劣化を安定させる一方で、外側の布に埋め込まれた月の塵の残骸を除去しないように細心の注意を払っていました。」

衣服は完璧に温度調節されたディスプレイケースに保管されており、未来的な姿で着用されています。 「マネキンはこのスーツ専用に作成されました」と彼らは説明します。「アームストロングの実際の測定値を使用し、ケースからマネキンシステムを通ってスーツ内に空気が循環するように設計されています。」 「この高度な循環システムにより、スーツ内のゴムの破損によって引き起こされる不要な蒸気を時間の経過とともにスーツから引き離し、劣化を遅らせることができます。」宇宙服を直接見たい場合は、2022年まで1903ライトフライヤーの近くに常時展示されているのでご覧ください。

スミソニアン協会の国立航空宇宙博物館は、13年の休止の後、ニールアームストロングの宇宙服を展示しました。

月面着陸の50周年を祝うのに間に合うように到着し、スミソニアンはスーツが良好な状態を維持するために多大な対策を講じました。

-タイムスリップ

Copyright© BETTERDAYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.