ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

BETTERDAYZ

カスタム・ハンドメイド

写真家が改造したコンピューターカメラ

投稿日:2019年6月30日 更新日:

リサイクルと再利用のアイデアに触発され、イランの写真家アリレザ・ロスタミは非常に特別なカメラを作成しました。 古いコンピューターの部品とレンズおよび大判カメラの背面を組み合わせることで、彼は機能的な「フランケンシュタイン」カメラを構築することができました。 材料のこの巧妙な組合せは、無駄のない生活と古い技術の新しい意味の発見に関するロスタミからの大きなメッセージの一部です。

このプロジェクトは、1999年にロスタミが購入した最初のコンピューターから始まりました。長年にわたって、マザーボードの切替えなど、コンピューターに変更を加えましたが、常にすべての部品をテクノロジーの進歩の記憶として残してきました。 クローゼットの中で何年も放置された後、ロスタミは古いコンピューターを何か有用なものに変える方法を試行錯誤し始めました。 そのとき、彼は写真に対する愛情と素材の再利用を組み合わせることにしました。

慎重に計算した後、彼はさまざまなコンピューター要素から光密閉箱を作りました。 そこにリンホフカメラレンズとマミヤユニバーサルレンズリングを取り付け、木材の裏張りのあるカメラを完成させました。これは、ロスタミがすでにいくつかのユニークなセルフフォトを撮るために使用したものです。 コンピューターのカメラの仕上げは、バッテリーを介して動作するファンであり、USBとプリンタースロットは機能しませんが、技術的なタッチを追加しました。

ロスタミは、自分のプロジェクトが若い世代に彼らの古い持ち物を再利用するよう促すことを望んでいます。 それが良い結果なら、無駄になるものは無くなるでしょう。

引用元:mymodernmet.com

イランの写真家アリレザ・ロスタミは、古いコンピューター部品から作業カメラを作成しました。

大判カメラのレンズと20年前のコンピューターの要素を組み合わせることで、彼は古い技術を再び新しいものにできることを示しています。

このカメラには、動作するファンのほか、デザインフレア用のUSBおよびプリンタースロットがあります。

ロスタミが「フランケンシュタイン」カメラで撮影したセルフフォトの一部をご覧ください。

このビデオでハイブリッドカメラがどのように組み合わされるかについて詳しく見てみましょう。ロスタミが「フランケンシュタイン」カメラで撮影した自撮りの一部をご覧ください。

-カスタム・ハンドメイド

Copyright© BETTERDAYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.