ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

BETTERDAYZ

コレクター

シンガポールのおもちゃコレクターがバービーの世界への窓を開きます。

投稿日:2019年3月3日 更新日:

バービーの狂信者は、「数百万」相当の12,000個の人形を何十年も集めていることを明らかにしましたが、彼の趣味は愛の生活に打撃を与えることを認めました。

39歳のシンガポール人のジャン・ヤンは、若い頃に脚の長い女性と恋愛関係を始めて以来、自宅のいくつかの部屋に12,000人のバービーと他の人形の軍隊を集めました。

引用元:www.catersnews.com

PRコンサルタントは、オサマビンラディン、スリーピングビューティー、エルビスプレスリーを含むフィギュアのシリーズは数百万の価値があると主張しており、それらの価値は減速する兆しを見せていません。しかし、ジャンは、自分のパートナーが「人形コレクターの男とデートする」という事を嫌がらないだろうと期待しましたが、彼の過熱する収集癖が自分達の恋愛時期の妨げになったことを認めています。ジャンは、「私は自分と人形たちの関係を秘密にしようと思っています。パートナーに人形コレクターの男と付き合うことを正当化させるのは困難でしょう。」人形の持つ魔力、記憶、夢、野望、そしておそらく野心の実現を表す人形の魔法を見たとき、私はまだ5歳でした。

「私にとっては、お気に入りのキャラクターを所有することが重要です。」ジャンは、「数十万ドル」を使って、それぞれ5ドルから15,000ドルの価値のある人形を収集しました。彼は、保存状態に関してコレクションの価値を損なっていることを認めましたが、専門の鑑定によると「数百万」の価値があると言われました。しかし、彼にとっては、自分の人生の布にしっかりと織り込まれているので、その価値はお金を超えているとの事です。

ジアンは言った。「私のキッチンのスパイスラックには、実際にすべてのスパイスガールズがあります。私の所有するパリとニコールは実際には友達で、クローゼットに2種類のケンがいます。それは私を笑わせます(私にとっては少し悲しいです)が、私にとってはそれが価値です。人形は、コレクターである私にとって貴重品ではありません。それらはおもちゃであり、おもちゃは遊ぶためのものです。しかし、私もいつか死ぬでしょう。もし私の子孫がその価値を正しく認識していれば、彼らはいずれ億万長者になるかもしれません。」

「しかし、もしそうでなければ、部屋は雑然としているだけなので、商品価値とは無関係です。」ジアン・サイの作品は、地球の隅々にある珍しい人形へのアクセスを可能にし、すべてのワークトリップでおもちゃ屋への旅行に常に適しています。バービーは1959年にマテル社によって発売されました。マテル社は、近年美容の基準が変化するにつれて売上が減少しているにもかかわらず、数十億個の象徴的な人形を販売しています。しかし、ジャンは、メーカーが彼らの経営方針を変えることができればバービーの統治が続くかもしれないと言いました。ジアン氏は次のように述べています。「私の仕事は世界中を旅する機会を与えてくれます。私はいつも数時間、こっそりとおもちゃ屋を訪れています。」

「マテル社は素晴らしい仕事をしているが、世界は変わった。母親達は食欲不振を心配しているでしょうか? 女の子は本当に曲線美のバービーに惹かれていますか?バービーは、トレンドをフォローするのではなく、これからのトレンドを予測すれば明るい未来を持てると思います。」

-コレクター

Copyright© BETTERDAYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.