BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

ハウス・インテリア

たった24時間、140万円以下で3Dプリントされた家

典型的な家を建てるには数ヶ月はかかります。 しかし、サンフランシスコを本拠地とする企業は、わずか24時間で1軒を構築することができました。

ロシアにある400平方フィートの家は、Apis Corによって建設されました。

同社は3D印刷を専門としており、建物を印刷するモバイル建設3Dプリンタのおかげで、わずか24時間で家全体を印刷することができました。

コンクリート混合物から家を建てるのに、たった1日だけを必要とする3Dプリンタで造られたにもかかわらず、その耐久年月は50年間にも及ぶと予測されています...しかしそれが一番のセールスポイントではありません。

この近代的な3D印刷された家の価格はいくらになると思いますか? なんと140万円以下なんだそうです! Apis Cor のWebサイトで詳しく読むことができます。

このコストには、基礎、屋根、外装、内装仕上げ工事、壁、窓、床、天井の断熱材の設置のための作業と材料、完全な家を作るために行われたすべての作業が含まれます。

引用元:boredpanda.com

サンフランシスコを拠点とする企業がわずか24時間で家を建てました。

モバイルコンストラクション3Dプリンタを使用しています。

ロシアにある400平方フィートの家は、Apis Corによって建てられました。

同社は3D印刷を専門としています。

コンクリート混合物から家を建てるために一日しか必要としないプリンタハウスにもかかわらず、この家は50年間もの耐久性を持っていると予測されています。

キッチンには、最新の家電製品RB41J785S4、No Frostシステム搭載のSamsung冷蔵庫、NZ64H5747K誘導ストーブ、DW50K4050BB食器洗い機、NV75J5540RS電気オーブン、MG23K3513AK電子レンジが備わっています。

家のインテリアには、ホール、バスルーム、リビングルーム、コンパクトな機能的なキッチンがあります。

さて、このモダンな3Dプリントされた家の本体価格はいくらでしょう?なんと140万円以下なんだそうです!

家には革新的なSamsung AddWash WW70K62E69洗濯機が設置されています。 追加のドアのおかげで、メインドアを開けたり水を排水することなく、洗濯サイクル中に忘れた服やコンディショナーを追加することができます。 また、特別なアプリをインストールすることで、スマートフォン経由で遠隔地の洗濯プロセスを管理することができます。

3D印刷がどのように家電製品やさまざまなフォーマットの電子機器を埋め込むかを解説するために、プレミアムSUHDテレビである対角線78インチのJS9500が家に設置されました。 興味深い事実は、テレビの曲率半径が家の壁の曲率と一致していることです。

プリントハウスの建設コストは、パートナーが最高品質の材料を提供していることを考慮すると、1平方メートルあたり約275ドルで、建物自体は異常な形をしています。

今、Apis Corのおかげで、私たちは、ホームレスや難民のために格安で家を建てる機会を得ることができます。

地震などの災害被害が甚大な日本において、災害時の仮設住宅等にも利用される日が来るかもしれませんね。

家の詳細については、このビデオをご覧ください。

-ハウス・インテリア