BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

アート・デザイン

アメリカ人写真家がキューバの日常生活を激写!

2017/03/14

オバマ大統領のキューバへの旅行制限の翌年、より多くのアメリカ人は、いったん閉鎖された島国との教育的な訪問に賭けました。

最近になって、アドベント・フィルムズの商業監督で写真家のAJ・ブレイヤー氏は10日間キューバを訪れ、その美しさを再発見しました。

我々にとって幸運なのは、彼がカメラを手にして現在のキューバの人々の様子を見事に写真に収めることができた事です。

ブレイヤー氏はキューバに対し人生のある種の期待を持って旅に出ました。

カラフルで活気に満ちた写真は、彼の旅を通して感じたキューバの精神を見事に映像化しています。

私たちは最近、ブレイヤー氏に会って島民の直接の印象と国の急速な発展について地元の人々がどのように感じていたかについて話し合う機会を得ました。

以下の私たちの独占インタビューを読んで、彼の写真がキューバを旅行しようとする他のアメリカ人のためのヒントになる事を知ってください。

引用元:mymodernmet.com

「あなた自身とAdvent Filmsについて少し教えていただけますか?」

「こんにちは! 私はAJ Bleyerです。私は商業監督と写真家をしています。 約3年前、私はロサンゼルスでAdvent Filmsと呼ばれる制作会社を始めました。 それは劇的に成長しており、今ではいくつかの高級ブランドのメディアコンテンツを制作しています。 私たちは美しく魅力的なものから食べ物や飲み物まであらゆるものを扱ってきましたが、私たちのルーツは確かに自動車メディアにあります。 私たちはフェラーリ、テスラ、アストンマーティンのような私のお気に入りのメーカーのために撮影する機会を得て十分に幸運でした。」

「キューバへの旅に何が拍車をかけたのですか?」

「私は以前アメリカを出たことがなかったので、これは初めての国際旅行でした。 私はキューバの文化について学ぶだけでなく、現在の状態でキューバを体験する機会はまれであると感じたことに興奮していました。」

「クルマから建築までのすべてが1950年の栄光の日を思い起こさせるが、米国の観光客(そしてそれに伴う外貨)が入ってくると、多くの人々はキューバのユニークな景観が近代化され、改装されるまでそれほど長くはないと感じています。 その点を考えると国が変してしまう前に私は今、キューバを体験したいと心から熱望しました。」

「あなたが見たいと思った場所について何か計画がありましたか?」

「旅行までの週末は、間違いなくオンラインでの調査や、キューバを訪れた友人からのおすすめの収集に費やされました。 YouTubeとNetflixで無数の "キューバ"の検索をした後、私は10日間の旅行のためにじっくりと予定された計画を持っていました。 私たちが見たいと思っていたレストランや見たいランドマークもありましたが、私たちの主な関心は、本当のキューバを体験しようとしていたことでした。 国について学ぶために、私たちは観光地のリゾートエリアから遠く離れて、その国の真の姿を体験するために全力を尽くしたいと思っていました。 私たちは毎日計画的なアクティビティを行っていましたが、旅行の一部は街を探索したり、地元の人々と出会ったり、モジョを食べたりして過ごしました。」

「あなたは渡航前にキューバという国に対し、どんなイメージや考えを持っていましたか?」

「正直なところ、私はそれがどんなものか分かりませんでした。 キューバで見た写真やビデオはほとんど現実に見えませんでした。私が以前に経験した場所とは違うことは分かっていました。 着陸してタクシーに乗った後、私たちは街を通ってエア・ビンに向かい、日没時に初めてハバナを通り過ぎると、それは決して忘れられないものでした。」

「写真家として、自分が見たすべてのものが信じられないほどの衝撃的な写真を撮ったと感じました。 しかし、キューバにはイメージでは捕まえられないものがあります。 国はまさにそうです...。 老朽化した建物、鮮やかな色彩、クラッシックな車は、すべての方向に対して他を圧倒しています」

「キューバのもう一つの現実は、経済的に困窮しているということです。 かつて私が開発途上国に行ったことがないことを考えると、私が着陸したときに何を期待するかは本当に分かりませんでした。 私たちは美味しい食べ物を食べ、素敵なエアブンズに泊まって、いつも非常に安全だと感じました。平均的なキューバの生活条件がかなりクールでした。 多くの人が靴を持っていません。観光客として地元の人々からははっきりと目立つていたでしょう。 しかも、国の経済状況にもかかわらず、その雰囲気は非常に楽しく、明るく楽観的です。 人々は信じられないくらいフレンドリーで、誰もが音楽で共に祝って団結しているようでした。 たくさんの音楽。 たくさんのダンス。 それは素晴らしいです。」

「あなたが他の人と共有したいと思う特に記憶に残る体験はありますか?」

「旅の途中でハバナの東側に位置する小さなビーチコミュニティであるバラデロに行きました。 私たちは夜遅くに到着しました。翌朝、私たちのホストは、朝食を用意してくれました。 明るい青色の階段をパティオに向かって歩いていきました。そこでは素晴らしい朝食だけでなく、街の美しい屋上の景色が味わえました。」

「完璧な朝の風にさらされて、私はコーヒーを飲みながら美しい景色を撮っていたのを覚えています。 私たちは幸いなことに、そのエアバンブに数泊滞在していました。そこでの朝食はその日を始める前に絶対に必要なものとなりました。 バラデロに行く予定がある場合は、ここに滞在した場所へのリンクがあります。 そうそう“カティ”は素晴らしいホストでした。」

「あなたはキューバを訪れた時、タイムスリップしているのを見るのがが好きだったと言いましたが、 それはどういう事なんですか?」

「私はクラシックな1950年代の車が実際に走っているのを見るのは、とてもクールな事だと知っていましたが、ここではそれ以上のものでした。 街の建築は信じられないほど古く、建物の多くは1700~1800年代初期に建設されています。」

「さらに、この国ではインターネットがほとんど使われていなくて、私にとっても新しい経験でした。 ですから古い建物やノスタルジックな車等を見ると現代技術の欠如の間で、本当に別の世界に来たというだけでなく、別の時代に運ばれてきたという感覚を得ることができます。 まさしくそれはクールな経験でした。」

「地元の人達とのコミュニケーションはどうでしたか?」

「キューバが私の視覚的な期待をすべて超えていたことを除けば、初めて外国文化を経験することは信じられませんでした。 私はアメリカ人観光客としてどのように受け入れられるのか少し心配していましたが、キューバの人々はすべてとても暖かく魅力的でした。 そこでは英語が話されていますが、行く前にスペイン語を見直すことをおすすめします。」

「観光客として、私たちは地元の飲食店や地元のガイドによって紹介された場所に頻繁に出向きました。 ときには、彼らは特定の施設を知るビジネス上の関心事を持っていたためであったが、時にはそれは正直な“おすすめ”でした。 時間が経つにつれて、私はその違いを特定することができました。」

「ある日、私たちはタヒチのビニャーレスに立ち寄りました。ビニャーレスは、この国のタバコ畑にある小さな農村地帯です。 私たちは英語を話すツアーガイド、Yanaraを伴いました.Yanaraはビニャーレスについての鋭い洞察力を提供しただけでなく、国全体についても信じられないほどの情報を提供してくれました。 私たちはおそらく、他のどの地元の旅行者よりも彼女と話をしていました。本当に教育的な体験でした。 現代のキューバ文化の詳細を聞くことは、その国の豊かな歴史について学ぶことと同じくらい魅力的でした。 彼女は本当に驚異的なツアーガイドでした、あなたが誰か地元のガイドを探しているなら、彼女を強くお勧めします。 彼女に電子メールでツアーを設定することができます。」

「明らかに、キューバはここ数年で若干変化しましたが、現代の進歩との間にはまだ少しのギャップがあります。 あなたはこの変化の感覚を得ましたか?」

「キューバを訪問した後では、私は自信を持って近い将来にこの国に保存されているユニークな風景が非常に異なって見えると言うことができます。 今、大きな変化が起こっています。 海岸沿いを歩いていたとき、ほとんどすべての古い海辺のホテルが改装されていました。 どこにでもたくさんの工事が行われており、都市は日々、変化しています。国の未来がどのように見えるかを見るために、国民の間に緊張感があるようです。」

「私は何人かの地元住民に、この差し迫った変化について何らかの緊張があったのかどうか尋ねましたが、アメリカからの観光増加の心配はないようです。 経済と景観は急速に変化していますが、キューバ文化の情熱と活力はここにあるということです。」

「キューバは、依然としてほとんどのアメリカ人にとっては未訪問の領土です。 あなたはそこに歓迎されたと感じましたか? 将来の訪問者に与えるアドバイスはありますか?」

「私は信じられないほど歓迎され、いつも安全であると感じました。(私の大きなカメラが夜間に首に掛けられていても)。 どこに行っても観光客全般に対して非常に歓迎してくれています。 アドバイスになるかどうかわかりませんが私はいくつかのヒントを持っています。 まず第一に、インターネットは非常に限られているので、あなたが周りに行くのを助けるためにオフラインマップを強くお勧めします。 私は "Maps.Me"を使いました。」

「私はまた、トイレットペーパーを持参することをお勧めします。ほとんどの施設にはトイレットペーパーがありません。 街は驚くほど曇っているので、ほとんどの旅行でクラリチン(花粉症対策等の抗アレルギー薬)を携帯して使用しました。 私はまた、緊急時に使用するため“Pepto Bismol”(胃腸薬)を持っていくことをお勧めします。 最後に、路上で売られている飲み物や水を飲んだりしないでください(私はここでの経験から話しています)、瓶詰めの水だけを飲むように気をつけ、小さなお店では氷のない飲み物を頼んでください 。」

「あなたのイメージを見て人々がキューバを訪れることを望みますか?」

「現在、キューバからも多くの写真が出ていますが、自分の発信したイメージが、この国を芸術的かつ正確に表現してくれることを願っています。 私のイメージはあまりにもロマンチックではありません。 迷子の動物や貧しい生活条件があります。 しかし、これまでに経験したこととは違って、そこには信じられないほどユニークな美しさがあります。 まったく異なる世界がマイアミ海岸からわずか200マイル離れて存在すると考えるのは信じられないほどの驚きです。 私は本当にあなたが米国にいる場合は特に訪問することをお勧めします。 キューバはとても近いです!」

-アート・デザイン
-