BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

何だコレ・不思議

リオのオリンピック施設は、ゲーム終了後わずか6ヶ月で廃墟化

2017/02/16

6ヶ月前に最後の試合によるオリンピックメダルの獲得シーンがリオの最先端のオリンピック村で放映されました。

しかし、今では、これらのオリンピック施設は腐敗によって消費され、ポップ・ポンカリプティック映画の小道具のように見えます。

最後に行われた大きな式典となったパラリンピックの閉幕が行われた後、有名なマラカナスタジアムが略奪され、プールの水が排水されました。

他のほとんどの施設は、オリンピックの行われたゴルフ場を除いて閉鎖されました。

ゲームが終わった後のオリンピック施設の使用方法についての問題は、もはやオリンピック後に発生する開催国での深刻な問題となっていつも表面化してきます。

既に起きているソチとロシアのオリンピック村における廃墟化の問題や、ここで取り上げた多くの事件でも同じことが起こりました。

確かに、オリンピック大会を開催する新しい体制は長期間延期されており、ブレインストーミングセッションを開始するには、オリンピックの恒常的な2つの村を考えてみましょう。 あなたの考えはどうですか?

引用元:demilked.com

オリンピック公園の空中写真。Photo by Nacho Doce

ブラジルのアーティスト、Adriana Varejaoによって作成された半透明のタペストリーは、泥水、雨水、死んだ昆虫の組み合わせとしてアクアティックセンターの外から倒れ、練習プールの水の錆びた色に貢献しました。Photo by Pilar Olivares

水泳スタジアム。Photo by Pilar Olivares

Photo by Nacho Doce

2014年のワールドカップと2016年のオリンピックで重要な役割を果たした世界的に有名なマラカナスタジアムのグリーン一色だった美しいピッチは、今や芝も枯れてしまい乾いた土が露出して荒れ果てています。Photo by Vanderlei Almeida

この状態から試合に使用できる状態に戻すには、またとんでもなく高額な資金が必要となるでしょう。

スタジアムの中は何千人分もの座席を盗む破壊者に襲われました...Photo by Silvia Izquierdo

一番最初にテレビモニターが盗まれた。Photo by Silvia Izquierdo

Photo by Silvia Izquierdo

スタジアムは2014年のワールドカップで約 $500 mの費用を掛けてで改装されましたが、オリンピックとパラリンピックでは数少ないゲームが開催されてただけでした。

最後に使用されたのは2016年12月にジーコが開催したチャリティーマッチです。Photo by Silvia Izquierdo

象徴的なスタジアムは放棄状態に陥っており、スタジアム運営者、リオ州政府、およびオリンピック主催者間の紛争により、未払いの電気代と会場の運営に1百万ドル以上の犠牲を払っています。

2000万ドルのゴルフコースのための将来は、厳しく見えます。コースや施設を維持するのに十分な支払いをする選手を引き付けることが困難でした。Photo by Nacho Doce

リオ2016年オリンピックのために作られ使用され、今やブラジルのゴルフ連盟によって一般市民のために運営されていたオリンピックゴルフコースの隣にあるプレハブ家屋は放棄されました。

唯一の使用者である地元の子供たちは、オリンピック公園を探索したり、オリンピック公園でボールを自由に蹴ったりすることができます。Photo by Pilar Olivares

ソチとロシアのオリンピック村の悪化や、ここで取り上げた多くの事件でも同じことが起こりました。

-何だコレ・不思議