BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

ハウス・インテリア

イケアは組立て家具で最大の問題を修正した

IKEAの家具は、スタイリッシュで実用的であるという評判を持っていますが、組み立てるのが非常に困難だという問題を抱えていました。 数年間ものブレーンストーミングと企画設計を繰り返した後、IKEAは最終的にこの問題を解決する事が出来ました。

そして今、IKEAはこれまで以上に強力で簡単に組み立てられる家具を販売しています。

商品を組む際に必要な楔の革新的な形状変更が今回の大きな改良点でした。この方法を使用する事により、ネジや工具なしで楔を完璧に固定する事が可能です。

仕組みとしては、梁を反対側の湾曲した独自の形状に加工されたホゾ穴に差し込んでスライドさせるだけ

製造業者はお金とリソースを節約し、顧客は組立ての煩雑さに悩まされません。 IKEAは、2014年にストックホルムのキャビネットセットを用いてウェッジダウエルを試行し、その成功例を元に更に改良させました。

下に見られるLisaboテーブルは、ウェッジ・ダウエル技術を採用した最新の商品です。 それは何度も繰り返しバラシたり、組立てが容易にできるものです。

引用元:boredpanda.com

IKEAは、ウェッジ・ダボールを使用した新しい家具を生産しています。これは、組み立てを簡単にするユニークなイノベーションです。

リサボのテーブル、上品なバーチナンバーは、ウェッジ・ダウエル技術の最新のIKEA商品です。

その組み立てには、ネジと工具が全く必要なく、製造業者のコストとリソースが節約されます。

また、イケア製品の難しい組立て方法に対し長い間、改善を要望してきたイケアのお客様にとっても悩みの種を払しょくできました。

イケアはまず、2014年にストックホルムで販売したキャビネットにウェッジダボ方式を採用しました。その反応は非常にポジティブでした。

リサボテーブルは数分で組上げられ、既存のIKEA作品に必要な時間と比較しても記録的な速さでした。

頑丈で経済的でシンプルなウェッジダボ技術は、家具を近代的なペースの速いライフスタイルに適応させます。

ウェッジ・ダウエル・プロジェクトのエキサイティングな展開をご覧ください。

-ハウス・インテリア