BETTERDAYZ

ベターディズは海外サイトの気になる情報を発信します。

タイムスリップ

1950年代のフランスのストリート写真

2017/04/01

1950年代から60年代にかけては、ストリート写真が芸術形態として足を踏み出し始め、フランスの写真家であるルネ・マルテュテは、その情熱的でユーモラスなシーンをカメラに収めました。

1951年、マルテュテは21歳でパリに移り、3年後にSemflex 6×6カメラを購入し、キャリアを積むため常識的な写真の撮影を目指しました。

しかし、彼の無名時代には、ある一連の写真シリーズがあり、それはあまり真面目なものではありませんでした。

彼は、人生で起こっている面白いことが、時々絶妙なタイミングの問題であることを写真で表現し、ウイットやユーモアに満ちた通りの人生「つまずき」シーンで知られるようになりました。

ルネ・マルテュテは2000年に亡くなりましたが、彼の作品は引き続き出版され、賞賛され続けています。

彼のベストショットのいくつかを見てみましょう。

引用元:demilked.com

-タイムスリップ